CT画像の石灰化の正体とは?動脈硬化が進行した血管の治療法は?!

 

動脈硬化が進行した血管の状態をよく
『錆びた水道管』
『経年劣化したホース』

 

このように表現されることがあります。
でもいまいちピンときませんよね。

 

実際に動脈硬化が進行した状態のCT画像を見てみましょう。

 

動脈硬化のCT画像

 

こちらが動脈硬化の腹部CT画像です。

 

血管の中に白いものが写っています。
これが動脈硬化が進行した状態のものです。

 

 

医学用語で石灰化といいます。
CTの優れている点の1つがこの石灰化の抽出です。

 

 

特に石灰化の抽出で有用なのが心臓の血管。
心臓を栄養している血管を冠動脈といいます。

 

この冠動脈が心筋という心臓の筋肉に血液を利用して栄養を送っています。しかし石灰化や狭窄があると、心筋へ届く血液量が減少してしまいます。

 

その結果、心筋梗塞を起こしてしまうのです。

 

CT画像の石灰化の正体

この石灰化はカルシウムがプラークに沈着したものです。
プラークとは主にコレステロールをもととして作られる血管内にできる瘤です。

 

カルシウムの沈着は身体のいたるところで起こりうる現象です。
血管内、脳、乳腺など。

 

 

ただ、石灰化 = すべて異常所見 というわけではありません。

 

 

例えば脳。
硬膜やくも膜、松果体、基底核といった部位は生理的な石灰化(異常なし)なものです。

 

血管内石灰化の治療法は?

血管狭窄の場合はステント挿入や冠動脈のバイパス手術などがあります。しかし、石灰化を取り除くための治療法はカテーテルを用いた治療方法しかありません。

 

カテーテルを挿入し、ロータブレータという先端が人工ダイヤモンドで作られたドリルで石灰化部分を削るという治療です。

 

ただ、こちらの治療法は限られた施設でしか施行できず、まだ治療数も多くはありません。

 

一般的には石灰化が起こってしまった場合は治ることはありません。現在起こっている石灰化をこれ以上進行させないようにすることしかできません。

 

錆びた水道管から錆が剥がれて、通り道が塞がるのが梗塞です。
そうならないためにも、普段の生活から気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です