『高血圧だから塩分の高いものは控える』

 

この言葉、アホみたいに聞き飽きたと思いません?笑

 

ただご存知ですか?
日本人の約半分は塩分の影響を受けにくい体質です。

 

塩分は高血圧に関係ない?

 

『塩分により血圧が上がる』というのは昔から言われてました。

 

事実日本は漬物や味噌汁など塩分の高い食文化があります。
そのため江戸時代は脳卒中で亡くなる方が多かったという話を聞いたことがあります。

 

※当時は血圧という概念がなかった時代。死因も特定できませんし、当然記録はないので憶測でしかありません。

 

実際に病院で高血圧の診断があった場合、医師からも栄養指導の栄養士からもほぼ100%以下の言葉を言われたと思います。

 

『まずは塩分を控えた食事を心がけて下さい』

 

しかし、実際には言われた通り『減塩の食事をしているけれど、血圧があまり下がらない』このような人るはずです。

 

 

実は塩分を体に取り込んでも、血圧が上がりやすい人と上がりにくい人がいます。

 

 

『おぉ。じゃあ塩分の影響を受けにくい高血圧なら食事は気にしなくていいの?』

 

と思ってしまいますよね。
でもそういうことではないんです。
塩分の過剰摂取は確実に血圧に影響を及ぼします。

 

『いやいや、言ってることめちゃくちゃやん』

 

すみません。途中を省略しすぎました。
これから順を追ってお話していきます。

 

食塩感受性とは

 

塩分の影響を受けやすい人の高血圧を『食塩感受性高血圧』といいます。

 

正直呼び方なんかどうでもいいです。
ちょっと書いてみたかっただけ笑

 

このタイプは治療の観点から言うと塩分を控えることで高血圧が改善されやすいタイプ。これは統計学的に昔からわかっていたことです。

 

食塩感受性高血圧の場合、心臓や血管にかかる負担が大きくなるため、心臓疾患や脳卒中になるリスクが非感受性の人の2倍といわれています。

 

日本人の半分は食塩の影響を受けにくい?!

 

ではどのくらいの割合で食塩感受性の人がいるのでしょうか。
東京大学医学部の藤田教授の研究により以下のことが明らかになっています。

 

食塩感受性の遺伝子を持つ日本人は20%

塩分の影響を受けにくい食塩非感受性の人は50%

塩分と他の要因が組み合わさることで血圧に影響を受ける人が30%

 

つまり日本人の50%は塩分の影響を受けにくいのです。

 

意外ですよね。
病院やメディアでは高血圧なら減塩と強く勧めてきます。
ですがその約半数が減塩しても血圧改善につながりにくい体質。

 

ちょっと残念な気もします。

 

ではなぜこの事実がわかっていても減塩を勧められるのか。
もちろん理由があります。

 

食塩非感受性でも減塩はした方がいい?

 

いくら塩分の影響を受けにくいといっても高血圧であれば、塩分は控えた方がいい。これは間違いありません。

 

それは塩分の過剰摂取により心臓、腎臓、胃、血管など様々な臓器に負担がかかってしまうため。

 

単純に考えても塩分は浸透圧の関係で血管内の水分量を増やします。

 

その結果、腎臓や血管に負担がかかる。
当然高血圧のリスクは高まります。
もしすでに高血圧であったならばその影響はなおさら大きい。

 

このような点から病院の診察室や栄養指導では一様に『減塩の食事をして下さい』という話になるのです。

 

食塩感受性と非感受性の違いとは?

 

この記事読み返してたらここの説明を全くしてなかったので追記します。

 

簡単に言うとナトリウム(塩分)の排出機能の差。
体内のナトリウム濃度は腎臓によって調整されます。

 

濃度が高くなれば腎臓から排出。
逆に低ければ腎臓にて再吸収。

 

この再吸収する割合が高い人が食塩感受性というわけです。

 

細かく言うとノルアドレナリンの放出によりβ2アドレナリン受容体が活性化、タンパク質が……って話ですが、知ってどうなる話でもないのではしょります。

 

食塩感受性の検査

 

『自分が食塩感受性かどうか知りたい』

 

はい。
検査可能です。

 

今までは食塩感受性による違いが存在するということまでしかわかっていませんでした。しかし最近の遺伝子レベルでの研究により食塩感受性の解明が進んできています。

 

その検査方法とは『遺伝子検査』

 

 

それは食塩感受性遺伝子検査(AGT遺伝子)。

 

 

検査方法は簡単です。

 

①ネットにて検査申し込み

②検査キットが郵送で届く

③綿棒で口腔内の組織を採取し、返送

④1週間程で分析

⑤検査結果をWeb上で閲覧

 

このような流れで検査が簡単にできます。
わざわざ設備のある施設や専門機関に行くことなく検査できるのは便利です。

 

しかし、問題は料金。こちらの検査約¥12000。

 

もちろん知って損することは無いので余裕があれば検査するのもあり。

 

ただ知って得することも特になし。
これまでの話のように食塩感受性かどうかに関わらず、塩分の過剰摂取は身体によいものでないので。

 

私が勧めているのは自分の経験上、栄養管理と運動です。

 

特に塩分は気にすることなく高血圧は改善できます。
参考までにこちらをご覧下さい。

 

 

当然塩分まで管理できるのであればそれに越したことはありません。
しかし細かいことに気を配りすぎるよりも、当たり前のことを普通にすれるだけで健康は手に入ります。

 

また今回は記事にしませんでしたが、食塩も精製塩や天然塩などいろいろと種類があります。種類によって身体に与える影響も違ってきます。

 

このあたりも需要がありありそうなら記事にしたいと思います。

 

では。


高血圧と脂質異常を『本気』で改善したい方のみご覧下さい。宣伝でもなく、販売でもなく、私が実際に行った『やり方』をお伝えします。やれば必ず変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です