ヒートショックでの死亡者数は?入浴時にできる予防や対策を紹介!

 

寒い冬の熱いお風呂は気持ちいいですよね。
疲れた身体をゆっくりと熱い湯船に沈めると、ジーンと手足が温まる感覚があります。

 

しかし注意が必要です。
場合によってはそんな気持ちのいい入浴中に突然の意識消失
時には突然死にもつながる事故が毎年多発しています。

ヒートショックとは

flame-1444588_640

冬のお風呂。気持ちいいですよね。
寒い中ゆっくりと熱々のお湯に浸かると疲れがとれていくような気持ちよさがあります

 

私の周りにも『お風呂は45℃以上じゃないとダメだ』という方は結構いらっしゃいます。しかし冬場の緊急搬送では、全身が濡れた状態で救急搬送されてくる患者様が増えてきます。

 

 

ヒートショックが多発する季節です。
ヒートショックとは急激な温度変化により『血圧が激しく変動してしまう状態』のこと。

 

 

この血圧の激しい変動により失神や心筋梗塞、脳内出血、脳梗塞などの疾患を引き起こしてしまうのです。

 

ヒートショックでの死亡者数

cemetery-1538646_640

このヒートショックで亡くなる方は非常に多いです。
その数は高齢者が家庭内で亡くなる原因の4分の1を占めています。

 

ヒートショックでの死亡者数の直近の統計データは2011年。
東京都健康長寿医療センター研究所が行った調査では

 

 

2011年で約1万7000人もの方が入浴中に急死したと考えられています。

 

 

ちなみに2011年の交通事故での死亡者数は4611人です。
なんと交通事故の3倍以上。

 

なぜここまで多くの方がヒートショックを起こすのでしょうか。

 

ヒートショックが起こる原因

grill-1374907_640

 

ヒートショックは10度以上の温度差で起こりやすいとされています。

 

といきなり言われてもなんのことかわかりませんよね。
そのメカニズムをお話していきます。

 

ヒートショックは家庭内でも特に浴室・トイレ・洗面台での発生率が多いです。
すべて水回りですね。

 

冬場の発生が多いヒートショック。
入浴を例にヒートショックが起こるメカニズムをみていきましょう。

 

①暖かいリビングでくつろいでいる中お風呂に入ろうと移動開始。

②リビングを出るとブルッと震える寒さ。

③ここであなたの身体は寒さに対抗すべく血圧を上げます。

④脱衣所で服を脱ぎ、さらなる寒さに身体が晒されます。

⑤この時点で身体表面の体感温度は10度以上の温度差

 

このように急激に血圧が上がることでヒートショックが起こるのです。さらにそのような状態から熱い湯船につかります。

 

⑥今度は身体が温まることで血管が拡張。

 

一気に血圧が下がるため、さらにヒートショックが起こりうる状況になるのです。

 

このように短時間で血圧の急激な変動が起こるため、失神して溺死や心筋梗塞、脳梗塞、脳貧血などを起こしてしまうんのです。

 

特に以下の条件に当てはまる方はヒートショックを起こす可能性が高いため注意が必要です。

 

ヒートショックを起こしやすい人

3d2553a65d0de93fabd508b30639efe4_s

ではどんな方がヒートショックを起こしやすいのでしょうか。
多少の個人差はありますが以下の条件に一つでも当てはまるのであれば対策をお勧めします。

 

  • 65歳以上
  • 高血圧である
  • 糖尿病である
  • 脂質異常である
  • 肥満
  • 飲酒後の入浴

 

このような場合は以下にあげるヒートショック対策を行って下さい。

 

ヒートショックの予防や対策

ヒートショックで亡くなる方は多くいますが、これは防ぐことのできる事故です。
最も望ましいのは部屋と部屋、つまり家中の温度差をなくすこと。

 

しかし、家全部を床暖房にしたり、すべての部屋や廊下に暖房器具を備え付けるなんて常識的ではありません。以下に私たちでも可能な予防や対策についてお話していきます。

 

脱衣所と浴室を温めておく

これをするだけでほとんどのヒートショックを防ぐことができます。脱衣所にはハロゲンヒーターを置いておくことをお勧めします。

通常は台所や洗面台やトイレで使用するようなハロゲンヒーターを購入し、入浴前にだけ脱衣所に移動させるのです。

浴室も入浴前の5分程お風呂の蓋を開けておく、熱めのお湯を床にまくなどで温度差を少なくすることができます。

 

入浴前にコップ1杯の水

入浴中は知らず知らずのうちに汗をかきます。特に冬場は昼間に夏と違い汗が出にくいです。

しかし暖房器具などの使用で自然と身体の水分は奪われていきます。入浴前の水分補給を行うことで心筋梗塞や脳梗塞の予防が可能です。

 

高齢であれば2番目以降に入浴する

これは温度差をなくすためです。

一番風呂は気持ちがいいですが、浴室が最も冷え切った状態です。一番風呂で浴室が温まっていれば温度差が小さくなります。

 

必ずかかり湯をして浴槽に入る

浴槽につかる前もですが、まずは浴室へ入ったら手足の末梢の部分からお湯をかけていきましょう。

突然体幹部へお湯を掛けしまうと血圧の変動が激しくなってしまいます。かかり湯をする場合は必ず末梢から行い、心臓のある体幹左へは最後にかけましょう。

 

急に立ち上がらない

こちらは以前の記事で詳しくお話した起立性低血圧との関係です。

 

ただでさえ温度差による血圧の変動が激しい冬の浴室。
そこで急に立ち上がれば、低血圧になる可能性は一気に跳ね上がります。

 

いかがでしたでしょうか。
ここまでお話してきたようにヒートショックの原因は血圧にあります。

 

高血圧の方は『今までなんともなかったから大丈夫』とは思わないで下さいね。
1万7000という数字はそんな根拠のない思い込みを飲み込んでしまう数字です。

 

倒れるときは気を付けることも、何の対応もできずに倒れてしまいます。

 

そんな患者様を数多く見てきました。
ほんの少しの対策で防ぐことのできるヒートショック。

 

予防と対策をすることで、のんびりと一日の疲れをお風呂で落としたいですね。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です