日本での糖尿病人口は予備群を含めると2000万人以上とされています。

 

その治療薬として多く処方されているジャヌビアグラクティブといった糖尿病の薬。

 

実はこれらの薬には脳梗塞の予防効果があるということがわかってきました。

 

ジャヌビアとグラクティブ

2e339a7194720b9b8c3c6ce8e9cf829e_s

ジャヌビアとグラクティブはDPP4阻害薬という種類の薬になります。

 

注:このジャヌビアとグラクティブですが、違うのは商品名と外観だけで中身は全く同じです。

 

このDPP4阻害薬は現場の感覚として非常に多く処方されています。私の身内には薬剤師が6名いて薬局、病院、施設と勤め先はバラバラですが、口を揃えてDPP4阻害薬の処方は多いと言っています。

 

あなたの知り合いでもおそらく誰かしら飲まれているのではないでしょうか?それほど多くの処方があっている薬、副作用が気になりますよね。

 

ジャヌビアとグラクティブの副作用

be0d2eb5bc5b40620f0b82d26e88106b_s

ジャヌビアをはじめとしたDPP4阻害薬は副作用が少なく比較的安全な薬とされています。

 

適正に服用すれば、重篤な副作用が起こることは極めて稀です。

 

生じうる副作用
  • 空腹
  • 便秘
  • 腹部膨満感

 

このような副作用を生じる場合があります。ごく稀に重篤な副作用として

 

  • アナフィラキシー反応 → 呼吸困難 ショック 蕁麻疹 など
  • 剥奪性皮膚炎     → 発熱 紅斑
  • 低血糖        → 寒気 手足のふるえ 空腹感
  • 肝機能障害      → 食欲不振 全身倦怠感
  • 黄疸         → 目や顔、皮膚が黄色くなる
  • 急性腎不全      → 尿雨量減少 むくみ 倦怠感
  • 腸閉塞        → 激しい腹痛や廃部痛 倦怠感
  • 間質性肺炎      → 呼吸困難 発熱 カラ咳
  • 急性膵炎       → 腹部の痛み 背部の痛み吐き気
  • 血小板減少      → 出血が止まりにくい 皮下出血
  • 横紋筋融解症     → 手足の筋肉痛み

 

 

このような症状が現れたときはすぐに医師もしくは医療機関に問い合わせて下さい。糖尿病の薬は血糖値をコントロールするために体重が増えてしまう薬が少なくありませんが、DPP4阻害薬はほとんど体重変化をきたしません。

 

副作用を先にお話しましたが、どのような作用で血糖値をコントロールしているのでしょうか。

 

ジャヌビアとグラクティブの効果

b7521f34e473f6da47cf127375c9c67f_s

糖尿病は血液中の血糖値が高くなってしまう病気です。あなたは体内で血糖値の調整をどのように行っているかご存知ですか?もし知っていたらこちらは飛ばして下さいね。

 

血糖値の動き

まず血糖値は糖を摂取した食後は上がります。逆に空腹時には下がります。

人間には体を一定の状態に保つ働きがあります。そのため

 

  • 血糖値が上がるとそれを下げるためのホルモン『インスリン』が分泌され血糖値が下がります。(食後)
  • 血糖値が下がるとそれを上げるためのホルモン『グルカゴン』が分泌され血糖値が上がります。(空腹時)

 

このインスリンやグルカゴンの分泌をコントロールしているのがインクレチンというホルモンです。

 

このインクレチンに働きかけて血糖値を下げる薬がDPP4阻害薬です。

インスリンの分泌量を増やし、インスリンの働きを助ける効果もあるのです。

 

DPP4阻害薬は2009年に発売されました。比較的新しい薬です。その中でも最初に発売されたのがジャヌビアです。

 

そのため実績も多くDPP4阻害薬の中でも治療効果も強い方です。そんな実績の多いジャヌビアですが、次に用法用量と服用の注意事項の話です。

 

ジャヌビアとグラクティブの用法用量と注意事項

3a95b28f75bcd6d11fb54eee6c541707_s

ジャヌビアとグラクティブの用法用量と剤形は同じです。それぞれに

  • 12.5 mg
  • 25  mg
  • 50  mg
  • 100 mg

 

4つの剤形があります。通常使い始めは50mgを1日1回服用します。効果が不十分な場合は1日1回100mgまで段階的に増量できます。

 

比較的副作用が少ない薬ですが服用に注意が必要な場合があります。

 

服用に注意が必要な方
  • 妊娠中授乳中
  • 腎機能が低下している
  • アレルギーがある
  • 他の薬を服用している

 

このような場合は必ず医師または薬剤師に相談して下さい。

 

脳梗塞の予防効果

b5a00b93f74c710ff9178683d616ffe0_s

順天堂大学の研究でDPP4阻害薬が動脈硬化の進行を抑制するということがわかってきました。

2型糖尿病患者341人中

172人にDPP4阻害薬

169人に通常の治療

 

を施しました。判定には頸部(首)の血管を超音波で観察するIMT(頸動脈内膜中膜複合体肥厚度)が用いられました。

 

簡単に言うと首の血管の壁の厚さを測って判定しますということです。試験開始から約2年後には両者の間にあきらかな動脈硬化の有意差が認められました。

 

まだこちらは観察段階にありますが、今後実際にDPP4阻害薬が血管イベントを抑制する効果があるということがわかれば、早期投薬により糖尿病の合併症のリスクを予防できることになります。

 

血糖値を下げるということは糖が血管内腔にくっつりにくくなるということです。それだけでも動脈硬化の予防につながっているように感じますね。

 

 

いかがでしたでしょうか。

糖尿病は長く付き合うことになる病です。もちろん薬を服用せずに血糖値を下げることが一番望ましいことです。

しかし1人1人のライフスタイルに合わせた薬との付き合い方も必要なことだと思います。


高血圧と脂質異常を『本気』で改善したい方のみご覧下さい。宣伝でもなく、販売でもなく、私が実際に行った『やり方』をお伝えします。やれば必ず変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です