たかがめまい。
されどめまい。

 

軽い立ち眩みぐらいの経験がない人からすると、めまいぐらいで大げさと思われる方も多いと思います。

 

ただあれはかなりきつい。

 

寝てても起きてても視界が揺れる感覚。
例えが難しいですが、二日酔いの状態で船に乗ってる感じ。

 

もちろんこのめまいは一時的なものである場合がほとんどです。

 

しかし脳出血の症状の1つにもめまいがあります。

 

めまいの症状で受診される患者様の中には一定数の割合で脳出血の方がいらっしゃいます。その場合はめまいだけでなく血圧の変化や構音(言語)障害など他の症状もみられる場合がほとんどです。

 

回転性めまいと吐き気の症状

0970a9e9cafd946fe6bbf85e8eead7a4_s

『60歳男性。緊急搬送。パチンコ遊戯中に吐き気あり。その後、本人よりグルグル回るとめまいの訴えあり。意識障害なし。頭痛、片麻痺なし。救急から頭部CTのオーダーです。』

 

一見するとただの回転性めまいの可能性が高い状況。
ストレッチャーでCT室へ移動、本人も意識障害もなく受け答えができています。

 

看護師『こんにちは。大丈夫ですかー?今から検査です。』
患者『お世話になります。』

 

看護師『ここがどこかわかりますかー?』
患者『病院です。』

 

 

ここまでは通常の会話です。
受け答えもしっかりできています。

 

しかし、この方は血圧が280以上。

 

めまいの症状と合わせて、ここまで血圧が高いと救急度は一気に跳ね上がります。

 

血圧200以上で緊急搬送

 

救急現場からすると血圧200以上は怖い値。
今回のように280以上にもなるとなおさらです。

 

しかし血圧が200以上でも意識があれば自分で動こうとする方が多い。

 

………頼むから動くな。
血管はそんなにそこまで丈夫じゃない……といつも慌てて静止します。

 

 

症状がない場合は安静にして、血圧が落ち着くのを待つのが一般的ですが、症状がある場合は高血圧性脳症か脳卒中の可能性が高まります。

 

 

そのまま急いで頭部CTの撮影。

 

 

小脳出血です。
小脳出血の代表的な症状は吐き気、嘔吐そしてグルグル回る回転性めまい。

 

脳出血や脳梗塞の症状は片麻痺視野狭窄と思われがちですが、発症部位によりそれ以外の症状の場合も多くあります。

 

この方は3年前に他医にて降圧剤の処方がされてましたが、それ以降は通院せずに血圧の改善は何もされていませんでした。すぐにドレナージ(手術)の必要があると医師が判断し、救急車での転送となります。

 

搬送段階ではめまいと吐き気以外の症状はありませんでしたが、おそらく発症後すぐであったためと考えられます。後遺症としては、治療後の回転性めまいが日常的に起こる可能性があります。

 

この方は搬送先の病院でドレナージを行い、無事に回復し歩いて退院されたそです。

 

 

 

これが高血圧や動脈硬化を放置しておくことの怖さです。

 

 

『血圧が高いのは自然な成り行きだから放置していい』
『無理やり血圧を下げるのはよくない』

 

人それぞれに考え方はありますが、これが現実です。

 

 

だから私は食事管理と運動が絶対必要だと強く思います。

 

 

このサイトでもしつこいぐらいに言い続けます笑

 

うんうん。
もう飽きたと思われても辞めません。

 

あなたは周りにも大勢いるからと高血圧、動脈硬化を甘く考えていませんか?
一度発症してしまうと今までの生活が一変します。

 

高血圧と正常血圧ではこのようにはっきりと脳血管において、その変化が現れます。

 

 

まずは危険性を認識して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です