血圧を下げる方法は?食事や運動や薬やサプリ、あなたに合う手段はどれ?

 

あなたが服用している降圧剤
当然薬であるため副作用があります。
降圧剤は血圧を下げるための手段の一つです。

 

『血圧 下げる』
『血圧 改善』
『高血圧 治療』

 

このような組み合わせでネット検索したことはありませんか?
検索結果には似たようなサイトやブログが並んでますよね。

 

  • 塩分を控えめに
  • 栄養バランスを考えた食事
  • 生活習慣を見直しましょう
  • 有酸素運動を取り入れましょう

 

このような情報が多くあります。

 

確かに正しい情報ではありますが、なかなかイメージしづらいし行動に移しづらいですよね。今回の記事では血圧を下げるための具体的な方法をお話していこうと思います。

 

 

大丈夫です。
やり方さえ間違えなければあなたの血圧は必ず安定します。

 

 

この記事であなたに合った血圧を下げる方法を検討してみて下さい。

 

血圧は下げることができる

f89de9cf050deef843ad5702a5a0135f_s

病院では栄養指導を受け、運動を勧められたけど、なかなか行動に移せない。
とりあえず処方された薬を飲んではいるけど、副作用が心配……

 

多くの高血圧患者様が抱えている不安です。

 

大丈夫です。
正しい方法で血圧は下げることができます。

 

夜寝る前に不安になることもなくなるでしょう。
急にドキドキすることも少なくなります。
なにより多くの方が発症している脳卒中や心筋梗塞などの発症リスクがぐっと減ります。

 

血圧を下げる方法

 

血圧を下げるには以下の方法があります。

 

  • 降圧剤
  • サプリメント
  • 栄養管理
  • 運動
  • 入院
  • ジムや運動教室
  • 生活習慣の改善

 

この7つのうちのいずれかの方法に取り組むことになります。
少しハードルが高いものもありますが……

 

それぞれのメリットデメリットについてもお話していきます。

 

降圧剤

高血圧の診断を受けるとほとんどの方が降圧剤を処方されます。
一言で降圧剤といってもその作用は種類により様々です。

 

降圧剤にかかる費用は月に約数千円ほど。
複数を服用する場合は少し費用が高くなります。

 

最も継続しやすい方法で費用もあまりかかりません。
(長い目でみると数十万~数百万にもなりますが…)

 

降圧剤は血圧を下げるには最も楽で手軽な方法です。
効果が最も早く表れる方法でもあります。
これは間違いありません。

 

  • 他の事で改善に取り組む余裕がない
  • 時間がない
  • 改善のための取り組みを継続できない

 

 

このような場合はまずは薬による対処をオススメします。
まずは発症疾患のリスクを取り除くことを最優先にして下さい。

 

 

しかし降圧剤は対処療法でしかないため、食事や運動や生活習慣を見直さない限り薬の服用はやめられません。

 

 

高血圧の根本的な解決ではないのです。
これが降圧剤は一生飲み続けなければならないという誤解を招く一因です。

 

そのかわり高血圧による血管へのダメージは確実に減らしてくれます。
そのためどのように利用していくかが重要です。

 

【メリット】

継続しやすい
効果が現れやすい
努力の必要がない

 

【デメリット】

費用がかかる
努力なしではやめられない
根本的な解決にはならない
薬には副作用がある

 

やはり努力なしで血圧が下げられることは大きいですね。
しかし対処療法であることと副作用が伴うことはしっかりと覚えておいて下さい。

 

サプリメント

服用という点においては降圧剤と変わりませんが、副作用の心配がいらないというのが大きな違いです。

 

サプリメントによる最大のメリットは栄養管理です。
栄養バランスを求める上でサプリメントの利用はお勧めできます。

 

高血圧によいとされる成分は日々の食事での摂取が難しい栄養素が多いためです。日頃不足しがちな栄養素はサプリで補いましょう。

 

ただし適切な摂取量は守って下さい。
栄養管理も同様に特定の栄養素の過剰摂取は危険な場合もあります。

 

しかし今のところ適正な摂取量での健康被害報告はありません。

 

また料金面では降圧剤よりも安価なものも多くあります。
継続しやすいということもオススメする理由です。

 

【メリット】

料金が安い
継続しやすい
食事では難しい摂取量を補ってくれる
始めやすい
その他の方法と併用しやすい
副作用がほぼない

 

【デメリット】

医学的根拠に乏しい
過剰摂取が危険な場合も
どれを選んでいいかわかりにくい

 

私自身はサプリメントも利用して血圧と脂質を下げることができました。実際のデータも掲載しているので参考にしてみて下さい。

 

 

栄養管理

病院で栄養士による栄養指導を受けた方も少なくないでしょう。
わかっちゃいるけどなかなかね……となりますよね。

 

栄養管理の一番のデメリットは摂取すべき食材の多さです。
実践しながら知識がついてくると結構めんどくさいなと思うことでしょう。

 

タンパク質やビタミンやミネラルなどの栄養素を意識して摂取するには思っている以上に食材が必要です。特に野菜は一回の食事でそれなりの種類の摂取が望ましいため、今までより食費がかさむかもしれません。

 

いきなり完璧な食生活に変えることはほぼ不可能です。
まずは夕食の一品を揚げ物からサラダに変えてみるなど小さなことから始めてみましょう。

 

なるべくストレスを感じないように少しづつ改善していくと継続しやすいです。
そして調べることで正しい知識を得て下さい。

 

 

栄養管理のメリット・デメリットを挙げておきます。

 

【メリット】

最も取り組みやすい
習慣化すると苦ではなくなる
奥さんの協力で継続しやすい

 

【デメリット】

ストレスになることも
家計の食材費が上がる可能性
継続にはモチベーションが必要
正しい知識を学ぶ必要がある

 

運動

血圧の安定には食事と同じくらい運動が大切です。
運動で使用した筋肉の修復のためにも栄養バランスが重要になります。

 

運動と栄養管理は切ってもきれない関係なのです。

 

しかし血圧が高いときに激しい運動をすると命の危険があることも。
くれぐれも高血圧での激しい運動は控えて下さい。

 

運動を始めるのであれば運動中に会話ができる程度の強度で。
特にゆっくりと行うランニングや水泳がお勧めです。
まずは基礎代謝を上げることから始めてみましょう。

 

はじめはきついですが、運動に必要な機能が最低限まで高まれば一気に楽になります。効率よく行うために運動や筋肉についても正しい知識が必要となります。

 

誤った方法だと怪我をしてしまったり、効果がない場合もあります。

 

【メリット】

始めやすい
ダイエットになる
疲れにくくなる
筋肉がほぐれる
睡眠の質が上がる などの健康面

 

【デメリット】

継続しにくい
モチベーションの維持が難しい
時間を作る必要がある
体力的にきつい
ケガのリスク
正しい知識とやり方を学ぶ必要がある
飲み会などで習慣が崩れやすい

 

入院

高血圧で入院?!と思われるかもしれませんが意外と多いものです。
危険な状態と判断しての入院もあれば、高血圧改善のための教育入院というものもあります。

※各病院の方針や内容によります

 

入院期間中は食事による栄養管理がしっかりと行われます。
そのため肥満気味の方であれば1週間程度でも体重を落とすことが可能です。
血圧もある程度下げることができるでしょう。

 

しかし問題は退院してからです。

 

この入院中に学ぶことがありそれを退院後に活かせるのであれば、それにかかる費用は非安いものとなるでしょう。

 

ここで『体重が落ちた』『血圧が下がった』といって元の生活習慣を続けるのであれば、この方法はお勧めしません。入院費も安い金額ではありませんし、保険に影響する場合もあります。

 

もし検討するのであればしっかりと調べて計画を立てることをお勧めします。

 

【メリット】

入院中は生活習慣が整う
食事などを実際に体験できる
わからないことがあれば教えてくれる
栄養士の指導を受けれる

 

【デメリット】

入院によるデータ改善に安心してしまう
退院後の継続が難しい
料金が高い
入院するための休みが必要

 

ジムや運動教室

運動も自己流で行うよりも安全で正しい方法で行った方がその成果は早く出ます。ジムや運動教室は料金がかかりますがお金を払うことで

 

『行かないと損』
『高いお金払ってるから』

 

とわずかですが継続できる可能性が上がるのです。
しかしくれぐれも激しい運動は控えて下さいね。

 

1人での運動中の異常は自分でなんとかするしかありませんが、ジムや運動教室であれば、急変時にいち早く対応できることもメリットの1つです。

 

実際に高血圧改善のためにとジムに行き始めた方が、筋トレに目覚めて今では6パックの腹筋を有するようになった方もいます。『昔は降圧剤だったが最近ではプロテインとBCAAを飲んでる』と笑っていました。

 

そこまで本格的に行う必要はありませんが、健康にはとてもいい方法です。
最近ではライザップのように運動から食事管理まで個別指導で行ってくれるような店舗も増えましたね。

 

主にダイエットを目的とした広告を出していますが、高血圧や高脂血症の方こそ利用すべき場所だと思います。今はまだその需要に気づかれていません。

 

おそらく今後そのあたりの必要性が認識されていくことでしょう。

【メリット】

トレーナーに正しい方法を教えてもらえる
急変時にすぐに助けを呼べる
料金が発生する分継続できる可能性が上がる
仲間ができる

 

【デメリット】

入会金や月謝が必要
料金が高い
時間を作る必要性
始めるには敷居が高い
体力的にきつい

 

生活習慣の改善

生活習慣の改善とはアルコールや喫煙、睡眠などに関することです。
栄養管理や運動も生活習慣の改善に含まれます。

 

しかしその効果を考えると別に考えた方が取り組みやすいためここでは分けています。

 

高血圧に関連する生活習慣を改めることで多少の効果は期待できます。
しかし劇的な変化が起こることはあまりありません。

 

『それならあんまり意味ないんじゃない?』

 

と思われるかもしれませんがそんなことはありません。
生活習慣の改善により少なくとも今以上の悪化を防げます。

 

目に見える効果が少ないため継続することが難しいのです。
さらに生活習慣に関連するのは高血圧だけではありません。

 

悪玉コレステロールや肥満によるアディポネクチン、活性酸素などにも深く関わる問題です。

 

生活習慣を改善することにより血圧へのよい影響の相乗効果が認められます。
可能であれば禁煙(減煙)やアルコールの量を控える(少量であればお勧めします)などできることを行ってみましょう。

 

【メリット】

すぐに始められる
その他のよい影響との相乗効果
生活リズムが整う

 

【デメリット】

継続が難しい
効果がわかりにくい
ストレスになる場合も

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
以上のいずれかの方法に真剣に取り組むことであなたの血圧は必ず安定します。

 

やはり手軽な方法は薬とサプリメントですね。
オススメは薬やサプリメントを上手に利用しながら、ほんの少しだけ栄養管理と運動を取り入れていくことです。

 

もしやる方がわからない場合は私が行った方法を参考にしてみて下さい。

 

 

 

血圧の改善には継続が必須です。

 

 

この継続が最も難しいため、なかなか続けられる人が少ないのです。
まずはどんなことでもいいので『継続する』ことに重点を置きましょう。

 

習慣づけるまでは大変ですが、一度その習慣を身につけるとあとは非常に楽になります。

 

正しい方法で行えばどの方法でも必ず血圧は今より安定します。
時間がかかるかどうかの違いです。

 

入院やジムなどお金がかかる方法もご紹介しましたが、今の時代は健康に対してお金を払う人は少なくありません。例えば人間ドック。

 

病気が早い段階で見つかれば早期治療を行うことで健康が保てます。
何も発見されなければ安心をお金で買っているという感覚の方が多いです。

 

ある意味では自己投資に近い捉え方ですね。
病気のリスクを減らすことで病気になったときの損失を被らなくて済むわけです。

 

同じ考え方が血圧にも言えます。
大病を患う前に血圧を下げることが重要です。

 

何もしなければ刻々と血管障害のリスクがあなたを犯していきます。
高血圧による発病疾患は発症してからでは遅いのです。

 

 

目的がありモチベーションがあれば現状よりも必ず健康になれます。正しいやり方で継続するだけです。

 

 

結果がわからずに手探りで作業をするわけではありません。
行動を起こせば必ず結果は出ます。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です