『健康診断でコレステロールが高かった』

 

我々おじさん達の不健康自慢。
そのへんの居酒屋でよく見る光景です。

 

そこで私ふと聞いてみました。
『コレステロールってそもそも何?』

 

しーーーーーーん。

 

あ、意外とみんな知らないのね。
ってことで記事にします。

 

まずコレステロールは必要ないもの?

 

『コレステロール=悪いもの』
こう思ってる人かなり多い。

 

まーこれだけコレステロール下げましょうって言われたり、コレステロール0の商品が出てくると、なんとなく『コレステロール=減らすべきもの』って思われがち。

 

でもね、コレステロールは人体にはなくてはならないもの。
そしてコレステロールの働きって意外と知られていません。

 

コレステロールは何してる?

 

まずはコレステロールの働き。
そもそも減らすべきものならその理由も知っとくべき。

 

でもみんなめんどくさくて調べない。
この機会にせっかくなので見てって下さいね。

 

主にコレステロールの働きは以下の3つです。

 

コレステロールの働き

①細胞膜の材料

②ホルモンやビタミンDの材料

③胆汁の材料

 

【細胞膜の材料】

人体には約60兆の細胞があります。
その一つ一つの細胞膜を構成するために必要なものがコレステロール。

 

特にコレステロールは脳と神経系に多く存在します。それは脳と神経系に細胞がたくさんあるため。特に脳には500億~1兆もの細胞があります。

 

これは桁が多すぎて全然ピンときませんが……

 

脳からの情報を伝達するための役割(神経)もコレステロールは担っています。

 

【ホルモンやビタミンDの材料】

コレステロールはホルモンの生成にも一役買っています。

 

主に副腎という臓器で合成されるホルモンの材料。
この副腎から合成されるホルモン。

 

その数はなんと50種類にも及びます。

 

また人が太陽の光を浴びることで合成されるビタミンDにもコレステロールが必要です。

 

少し話が逸れますが、海外では日焼け止めや日傘など紫外線対策を過剰にしてしまった結果、体内でビタミンDが不足し、30代で骨粗しょう症になってしまったという事例もあります。

 

【胆汁の材料】

胆汁は脂肪の消化に必要な消化液です。肝臓の横にある臓器の胆のうから分泌されます。

 

この胆汁が流れる胆管が何らかの原因でつまると胆汁の影響で顔や目、皮膚が黄色くなります。

 

 

他にもちょこちょこした働きがありますが、上記3つが主なコレステロールの働きです。

 

じゃあ悪玉(コレステロール)と善玉(コレステロール)の違いって何?って話

 

善玉と悪玉の違いは割合が違うだけ

 

健康診断の結果にはLDL(悪玉コレステロール)とHDL(善玉コレステロール)この2つの値が表示されています。
なんとなく文字で善玉は体にとっていいもので悪玉は悪いものという印象。

 

実はこれリポタンパク質の比重(コレステロールの割合)が違うだけ

 

うん。
大丈夫。

 

難しそうだけど単純な話。

 

善玉、悪玉といわれていますが、コレステロール自体に善悪があるわけではありません。
まー、当たり前です。

 

実はコレステロールは血液中に単体では存在できません。

 

じゃあどうなってんのかというと
コレステロールはタンパク質とくっつくことで血液中に存在できます。

 

血液中のコレステロールの正体

コレステロール+タンパク質=リポタンパク質

 

こんな式になるんです。
一般的に言われているコレステロールとはリポタンパク質のことです。

 

上記の式のコレステロールの割合で善玉か悪玉かに分かれます(ここでは省きますが、正確には4つに分類されます)。

 

この式でコレステロールの割合が少なければ善玉コレステロール(HDL)、多ければ悪玉コレステロール(LDL)になります。

 

ね?
大したことじゃないでしょ。

 

ポイント

構成物質は同じなのに、そこに含まれるコレステロールの割合で異なる働きをするってこと。人体は不思議。

 

【善玉コレステロール】

コレステロールの割合が低く、タンパク質の割合が高いため正式には『高密度リポタンパク質』といいます。

 

HDLの主な働きはコレステロールの『回収』。

 

血液中の余ったコレステロールを回収して、肝臓に運ぶ役割です。
回収されたコレステロールはホルモンや胆汁の材料として使用されます。

 

【悪玉コレステロール】

コレステロールの割合が高く、タンパク質の割合が低いため正式には『低密度リポタンパク質』といいます。

 

LDLの主な働きはコレステロールの『運搬』。

 

LDLはいろんなところにコレステロールを届けるためにコレステロールの割合が多くなってます。

 

過剰にコレステロールを運搬してしまった場合、HDLで回収しきれないコレステロールが血液内に増えるわけです。この増えたコレステロールが問題です。

 

コレステロールが高い場合の問題点

 

通常コレステロールの正常値は以下のように定められています。

 

  • 善玉コレステロール(HDL) 40mg/dl以上
  • 悪玉コレステロール(LDL) 70〜119mg/dl

 

このことからもHDLは高くとも問題ないことが伺えますね。
問題は『LDL』。

 

言わずもがなですがLDLは動脈硬化の原因物質。

 

 

動脈硬化を放置してしまうと脳出血、脳梗塞、くも膜下出血、心筋梗塞、心不全など命に直結する疾患が発症してしまいます。そのためLDLの値が高く、高脂血症と診断された場合、コレステロールを下げるための薬が必要になります。

 

しかし現在インターネットで検索してみると

 

薬には様々な副作用がある

身体が自然とLDLを増やしたんだからそのままでよい

本来の生態機能のため自然のままでいい

製薬会社にお金を落とすための薬

 

このような情報も多くあります。
確かに一理ありそうにも聞こえる。

 

 

でもね、高血圧や動脈硬化を放置すると命に関わる疾患のリスクは確実に高まります。

これは間違いない。このことは絶対に覚えといて下さい。

 

 

仮に処置が間に合い一命をとりとめたとしても、そのあとは後遺症、経済的負担、時間的な制約、家族の介護負担など様々な問題が生じます。

 

発症したほぼすべての方はこの時点で後悔します。

 

実際に患者様もですし、私の祖父もそうでした。

 

まずは予防という観点から、できることから始めて下さい。私自身もこのような方法で血圧とコレステロールを改善することができました。

 

 

特に特別なことは行っていないので、何から始めればいいかわからない場合は参考にして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です