降圧薬の副作用で認知症になる?高血圧と2025年問題の関係についても

『血圧の薬の影響で認知症が進んだんでしょうか?』

という質問をよく耳にします。

そして最近話題にあがる2025年問題。

高齢化と血圧と認知症は切っても切れない関係にあります。

特に私が暮らす少し田舎の街ではなおさら深刻な話です。

降圧剤の副作用で認知症になる?

1226d5544a74f50b8bb576d58177d163_s

今までの記事では降圧薬がどんな作用を持つかお話ししてきました。血圧を下げるということは脳梗塞や脳出血、クモ膜下出血、心筋梗塞、腎不全などの発病を予防します。

 

今までは薬そのものが起こす副作用についてお話してきました。しかし今回は

 

 

血圧を下げることについてです。

 

 

冒頭でも言いましたが、血圧の薬で認知症になるとの見解が浸透しているようです。根拠としては血圧を下げることで脳の末梢の血流が少なくなるからという話のようです。

 

でも少し考えてみて下さい。

 

血液は体内を循環しています。心臓から送られた血液は心臓に戻るのです。現在世の中に最も出回っている降圧薬は末梢の血管を広げることで血管にかかる圧力を下げるというものです。つまり

 

心臓から送り出される血液の量は変わらないのです。

 

心臓から送り出された血液は動脈を通り臓器を巡り、静脈を通り、肺を通過し酸素を受け取り心臓に戻ります。そして新鮮な酸素を再び全身へと送り届けるのです。

※途中を省いているため厳密に言えば違いますが、大まかな流れとして理解して下さい

 

 

どこに血液が減る要素があるのでしょうか?

 

 

確かに手足の浮腫などで多少の循環量の減少はあり得ます。
しかしそのことが脳を萎縮させるほどの影響はありません。

 

少し注意して見てみて下さい。
そのような話が記載されているサイトやブログは何か商品を取り扱っていませんか?特に整体師やTVでよく見かけるような方が降圧剤で認知症になるという主張をされています。

 

そのような情報はマーケティングの一環として扱われることあります。本は売るための強烈なキャッチコピーを全面に打ち出します。

 

e8514e4274db2644098f7a7343d9aa2f_s

 

私は栄養補助食品としてのサプリメントや血圧を下げるための食事療法、運動療法はお勧めします。ですが、利益のために根拠のない知識を掲載することは誤った選択肢を提示することになります。臨床の現場で検査を行っている立場として言わせていただくと、

 

 

血圧を下げずに高血圧を放置しておく方が認知症のリスクは高まります。

 

 

脳の細い血管が高血圧により傷つき、動脈硬化がおこり血管を狭めてしまうためです。それによる血流低下が認知症や脳の萎縮を招くのです。

 

これは様々な患者様の頭部の検査を行っている救急病院の臨床現場からの意見です。日本高血圧学会でも以下のことが明記されています。

 

高血圧が認知機能の低下や認知症の危険因子になる

高血圧の治療が軽度認知機能障害からアルツハイマー病への進展を抑制する

 

医療に携わるものであれば、しっかりとしたエビデンス(根拠)に基づいた情報を発信すべきです。

 

高血圧と2025年問題

d89993c167765d285bee49ff019c8ad9_s

2025年問題をご存知ですか?

 

  • 2025年には3人に1人が65歳以上の高齢者
  • その高齢者の3人に1人が認知症

 

と言われています。日本国民全体では現在で高血圧患者は4000万人とされています。前述したように高血圧は認知症の原因の1つです。

 

当然脳梗塞や脳出血、クモ膜下出血、心筋梗塞、糖尿病などの罹患率も現在とは比べようもなく増えていく見込みです。2025年にあなたは何歳ですか?

 

 

今のあなたの年齢での対応が5年後10年後に影響を及ぼします。理想は薬の服用なしでの安定した血圧が望ましいです。

 

 

降圧剤は対処療法であり根本的な解決にはなりません。

 

 

現代において仕事、家族、介護、ストレス、時間、経済的負担 等の理由により食事管理や運動などがやりたくてもできないという方は多くいらっしゃいます。

 

そのため1人1人のライフスタイルに合わせた生活習慣の管理が必要です。その一環として薬と上手に付き合っていくことも大事だと私は考えます。

 

こちらでは血圧を下げる方法についてお話しています。
あなたに合った方法を検討してみて下さい。

 

いかがでしたでしょうか?
ネット社会の現代ですので、誤った情報に流されず、正しい知識と選択肢を持ちましょう!

 

当サイトも参考までに捉えていただければ幸いです。
最後までお付き合いいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です