降圧剤飲んでますか?

 

薬剤師からの説明で『このお薬とグレープフルーツは一緒に食べないで下さいね』と説明を受けたと思います。

 

……受けてるはずです。
意外と注意してない方も多いようなので、今回記事にしてみました。

 

降圧剤とグレープフルーツで何が起こるのか

 

まず降圧剤を服用してグレープフルーツを摂ると何が起こるのか。

 

簡単に言うと薬が効きすぎてしまいます。

 

カルシウム拮抗薬とグレープフルーツで起こる副作用
  • 立ち眩み
  • めまい
  • 動悸
  • 頭痛
  • 紅斑
  • 意識不明

 

これはすべて低血圧の症状です。
これを引き起こしてしまう犯人は、グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分。

 

しかしすべての降圧剤とグレープフルーツがダメというわけではありません。

 

注意しないといけないのはカルシウム拮抗薬

 

降圧剤にもいくつかの種類があります。

 

問題となるのは『カルシウム拮抗薬』という種類の薬。

 

降圧剤の種類に関してはこちらをご覧ください。

 

 

このカルシウム拮抗薬という種類が日本で最も多く処方されている薬です。このカルシウム拮抗薬とフラノクマリンの相性がよくないんです。

 

フラノクマリンがなぜダメなのか

 

このフラノクマリンはカルシウム拮抗薬の分解を強力に阻害します。

 

その結果、薬がなかなか分解されずに、その効き目を発揮し続けるのです。

 

 

グレープフルーツとの食べ合わせでその効果はなんと2倍以上。

 

 

薬が効きすぎた結果、低血圧の状態に。
それも結構危険なレベルにまで血圧が下がりすぎてしまうこともあります。

 

そのために注意が必要です。
以下にフラノクマリンが含まれる食べ物を上げておきます。

 

フラノクマリンが含まれる他の食べ物
スウィーティ― タンジェリン バンペイユ
ライム ザクロ 山ぶどう
八朔 ダイダイ ザボン
夏みかん ポンカン 金柑
含まれていないもの
レモン カボス デコポン
ゆず せとか ネーブル
日向夏 りんご ぶどう
みかん スイートスプリング バレンシアオレンジ

 

うん。
結構似てますよね。

 

なので食べるときは注意して下さい。
しかしカルシウム拮抗薬の中でもノルバスクアムロジンはフラノクマリンの影響はほとんどないとされています。

 

柑橘系の果物が好きで我慢することがストレスになるようならば、医師に相談してみて下さい。薬の変更で対応できる可能性もあります。

 

では薬が分解した後であれば、このフラノクマリンが含まれるものは食べても問題ないのでしょうか?

 

フラノクマリンの影響時間

e7d5c79b638ada01efe562cb3c15d12f_s

 

フラノクマリンの影響は薬の種類や個人差により左右されます。研究結果によっては30分~24時間といったバラつきの大きさな結果がでており、一概には言えません。

 

カルシウム拮抗薬を服用中の場合は、控えることをお勧めします。

 

フラノクマリンはカルシウム拮抗薬以外の薬にも影響を与えることが知られています。最後にその他の薬をご紹介します。

 

フラノクマリンと相互作用を起こす薬

2e339a7194720b9b8c3c6ce8e9cf829e_s
  • 高血圧・狭心症治療薬

上にあげたカルシウム拮抗薬 アミオダロン など

  • 脂質異常治療薬

リピトール リポバス ロバスタチン シンバスタチン ニソルジピン など

  • 免疫抑制剤

ネオラール サンディミュン プログラフ など

  • 催眠鎮静薬

ハルシオン トリアゾラム など

  • 抗精神病薬

オーラップ ブスピロン ジアゼパム など

 

上記の薬を服用中な場合は食べ合わせに注意するよう心がけて下さい。よく血圧の薬を飲んでる人はグレープフルーツは食べれませんという情報を耳にします。

 

しかし正しい知識を持ち上手に薬と付き合っていくことも大切なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です