高血圧や動脈硬化がEDの原因?そのEDは違う病気のサインかも?

 

現在日本人の4人に1人がED(勃起不全)の悩みを抱えていると言われています。

 

確かに加齢とともにEDの割合は増加するのですが……
実はEDの原因として最も多いのは生活習慣病なんです。

 

高血圧や動脈硬化がEDの原因

高血圧や動脈硬化、脂質異常症、糖尿病が原因でEDになる。

 

少し意外でしょうか?
しかし勃起のメカニズムを考えれば当然のことなんです。
勃起のメカニズムは

 

が性的刺激を受ける

神経を介して刺激が陰茎に伝わる

血管から海綿体に血液が流入

海綿体が膨張する

 

このようにして陰茎が勃起します。
つまり①脳 ②神経 ③血管 ④海綿体 この4つがそれぞれにうまく機能して勃起が起こるのです。

 

 

逆に言うとこの4つの内どれか一つに問題が起これば、それはEDの原因となるのです。特に陰茎の動脈は非常に細く、動脈硬化が始まると最も影響を受けやすい場所とされています。

 

 

当ブログでもお話しているように、動脈硬化、高血圧、糖尿病、脂質異常症(高脂血症)はそれぞれに非常に関連が深い疾患です。特にこれらの疾患は神経や血管に障害を起こす可能性が高いものです。疲れやストレス、年齢のせいだと思い込まずに、まずは病院受診をおすすめします。

 

こちらのように製薬会社が作成しているサイトもあります↓

 

そのEDは違う病気のサインかも?

このように様々な病気が原因となりうるED。
特に糖尿病の場合は高血糖により神経と血管に障害が起こりやすいため、EDの併発率が高いとされています。

 

その割合はなんと約80%!!

 

動脈硬化や高血圧が原因となることも相まって、EDの症状は数年後の脳梗塞や心筋梗塞の発症サインとも言われています。

 

性に関することでなかなか人に言えない、受診しづらいなど1人で抱え込んでいる方も多くいますが、命に関わる場合もあるため、一度病院の受診を検討してみて下さい。

 

病院に馴染みがない方は抵抗があると思いますが、医療側としては毎日の仕事なのでなんとも思いません。(失礼な言い方で申し訳ありません……)

 

では最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です