高血圧を下げるサプリメントの有効な成分は?改善のための栄養素は?

高血圧に有効な成分って何??

血圧が140mmHg以上の方は必見です!

少し聞き慣れないカタカナ達が登場しますが、有効成分や栄養素をご紹介してイキマス!!

しばしお付き合いをm(__)m

薬?

 

高血圧を下げる効果が期待できる成分や栄養素

結構な数があります( *´艸`)

ワタシも知ったトキはこんなにあるんだ!!と思いました。

サプリメントの重要な成分からつるるんに聞いていきマス( ..)φカキカキ

 

DHA(オメガ3脂肪酸)

-shared-img-thumb-PAK89_gyogunonagare20140719_TP_V
Dr.ツルルン

誰しも聞いたことがある名前じゃろう??青魚に多く含まれる成分じゃ

DHAの働き

 

  • 血液サラサラ
  • 悪玉コレステロールを減らす
  • 善玉コレステロールを増やす
  • 中性脂肪を減らす
  • 血小板の凝固を防ぐ
  • アルツハイマー型認知症の予防

 

と実に様々じゃ!!食生活の欧米化にともない今日本人にとって最も摂取率が下がってきておる栄養素の1つじゃぞ

 

血管が狭窄する原因である血小板が凝固するのを防ぎ血液中の中性脂肪を減らす働きもあります( *´艸`)さらにアルツハイマー型認知症にも有効です。アルツハイマーは脳の萎縮により起こりますが、DHAは細胞の修復と発育を促す効果があります。

 

これはDHAが脳の神経細胞に存在するため、摂取することにより神経細胞が活性化され、脳での情報伝達がスムーズになるためです。

 

EPA(オメガ3脂肪酸)

-shared-img-thumb-SHI95_sansyainsuizokukanoosuii_TP_V
Dr.ツルルン

これもDHAとほぼ同じ働きじゃぞ

EPAの働き

 

  • 血液サラサラ
  • 血小板の凝集を抑える
  • 血管を拡張させる
  • 中性脂肪を減少させる(DHAより強い作用)

 

DHAとともに青魚に多く含まれとる成分じゃぞ!

 

高血圧や動脈硬化の予防改善に大いに期待される成分です。血液凝固の抑制作用はEPA、悪玉コレステロールの減少はDHAがそれぞれ強いとされています。最近の研究ではガン予防やダイエット、アレルギー疾患の改善や肌トラブルの解消など多方面にわたって注目されています。

 

ナットウキナーゼ

「ナットウキナーゼ」の検索結果_-_Yahoo_検索(画像)
Dr.ツルルン

名前の通り納豆によってのみ生み出される酵素じゃ!

ナットウキナーゼの働き

 

  • 血栓の原因となるフィブリンを分解
  • 血栓を溶かす働きを促進させる
  • アルツハイマー型認知症の予防

 

じゃが、ここまでの3つは血液サラサラの効果が高いため、ワーファリンなど病院からの処方で血液サラサラの薬を服用中の方は注意が必要じゃ!

 

もともと血液中にある血栓溶解酵素となるウロキナーゼという物質のもととなるプロウロキナーゼを活性化する作用や、脳梗塞発症時の治療法の一つであるt-PA(組織プラスミノゲン活性因子)療法に用いられるt-PAの量を増加させる作用があります。

 

こちらも研究によりアルツハイマーに関わる有害なアミロイド繊維の無害化にも効果があるとの見解も発表されています。しかし、納豆にはナットウキナーゼと相反する作用をもつ、ビタミンK2が含まれます。これは血液の凝固を促進する働きがあります。

その作用のため、病院からの処方薬であるワーファリン(血液サラサラの薬)を服用している際は注意が必要です。

 

カルシウム

-shared-img-thumb-TSU92_shizukugaturanarumilk_TP_V

体内の99%のカルシウムは歯や骨に存在しています。1%が神経や筋肉や血液中にありますが、この1%が非常に重要です。

 

Dr.ツルルン

カルシウム1%の重要性

体重50kgに対して体内のカルシウム量は1kgじゃ。この骨や歯以外に存在する体内1%のカルシウム10gが重要なんじゃ!

このカルシウムの働き

 

  • 血管(筋肉)を収縮させる
  • 脳や神経に情報を伝達する
  • 各種ホルモンのコントロール

 

またカルシウムは血管の中に付着することにより動脈硬化を促進させてしまいます。その上、血液中のカルシウムが不足すると、骨からカルシウムが取り出されます。カルシウムが不足することにより、体内ではカルシウム過剰の状態が起こってしまうのです。

 

マグネシウム

feefa86e2201a4e05d9ae2b026a6c621_m

 

Dr.ツルルン

カルシウムとの深い関わり

マグネシウムの働き

 

  • カルシウムの出入りを調整する
  • ミネラルのバランスを保つ
  • 血管をリラックスさせ血圧を安定させる
  • 糖質の代謝を助ける

 

カルシウムは筋肉の調整もしますが、血管の細胞に取り込まれ動脈硬化を起こしてしまいますΣ(oДo|||)それを防ぐ役割を果たしてくれるのがマグネシウムです( *´艸`)ステキ♡

 

ペプチド

abfe10cc8db489c19d02411671f67bb3_s

 

Dr.ツルルン

これは非常に説明が難しいものじゃ

一言でペプチドと言ってもいろんな種類がありその働きも個々により異なるんじゃからの。その中でも高血圧や動脈硬化に効果的なものを紹介しておくぞ。

 

  • イワシペプチド → 血圧を安定させる
  • 魚肉ペプチド  → 抗酸化作用により動脈硬化を予防する
  • ゴマペプチド  → 血圧上昇の原因物質のACE酵素の働きを阻害する

 

カリウム

7e062637d72f7d20421865441acfd891_s

 

Dr.ツルルン

カリウムは体重の約0.2%を占める栄養素

カリウムの働き

 

  • ナトリウム(食塩)を排出して血圧を下げる
  • 心臓や腸の働きを正常に保つ
  • 手足の筋肉の動きの調整

 

カリウムは熱により溶けだしやすい栄養素なんじゃ!リンゴとバナナに多く含まれているため、果物からの摂取がお勧めじゃよ

 

厚生労働省も男性2500mg/日 女性200mg/日 の摂取を推奨しています。2011年にはカリウムを積極的に摂取することにより、脳卒中の発症リスクを21%減少することが可能という研究データが発表されています。

 

食物繊維

85392c34f8187100cf888b68e87870b2_s

 

Dr.ツルルン

便秘やダイエットだけでなく高血圧や動脈硬化にも効果的なんじゃよ。実はこれ栄養素ではないぞ!!体内で消化することができない成分の総称なんじゃ!!だからその種類も数が多い。ここでは簡単な作用についてのみにしておくぞ!

食物繊維の働き

 

  • 悪玉コレステロールのみを排出する
  • ナトリウム(食塩)を排出する
  • 老廃物や有害物質の排除
  • カリウムの摂取効率上げる

 

じゃが実は高血圧と食物繊維の作用についてはまだまだ未解明な部分も多く残っているのが現状じゃ!ここであげた働きはすでに証明されていることのため、少なくとも悪いことではないの

 

ギンコライド

8e58502a19987871a9cbf8554d20c982_s

 

Dr.ツルルン

銀杏(いちょう)の葉に含まれる物質じゃぞ!日本人により化学式の構造決定がなされた成分でヨーロッパでは医薬品として扱われておる

ギンコラロイドの働き

 

  • 血流の改善や血小板の凝固作用を抑える
  • アレルギーや喘息の改善
  • 冷え性の改善
  • 記憶力の回復

 

 

海外では精力剤として使用されるほど血流効果と高い栄養価で注目を集めています。地球上に2億5千万年前から存在しているという生命力の高さですね(=゚ω゚)ノ

 

酢酸

0266059b499017d8840c8f98397b1d59_s

 

Dr.ツルルン

疲労回復にも効果的な酢!!!ワシも黒酢やもずく酢は好んでよく食べよるぞ。酢酸は体内でアデノシンという物質に変わるんじゃ。

酢酸の働き

 

  • アデノシンが血管そのものを広げる
  • 内臓脂肪を減らす
  • 中性脂肪の減少

 

米酢やバルサミコ酢、リンゴ酢など様々な種類の酢があるが、最も血圧に対する効果が期待できるものは黒酢じゃ!!1日1回空腹時に大さじ1~2杯(15~30ml)ほどの摂取で十分じゃよ!!

 

 

酢にはカリウムやアミノ酸も多く含まれているため、より効果的に血圧に働きかけてくれます。黒酢の効果は多くの論文でも発表されています。が、血圧改善に効果があるのは飲み続けている間だけということもわかっています。

 

ポリフェノール

6e39ebb18fb968deb13bb7418882d236_s

 

Dr.ツルルン

きてしまったの……(笑) 誰もが耳にしたことあると思うんじゃが、こいつが最も説明しづらい……(´-ω-`)種類が……多すぎる!!!(ノД`)・゜・。

 

一言でポリフェノールと言っても、カテキンフェノール酸イソフラボンタンニンフラボノイドなどの原料の数と同じくらいに種類があるんじゃ。やっかいなことにこのフラボノイドなんかはさらに細かく分かれておるんじゃぞ!!

 

さらにさらに一つ一つの働きが微妙に異なるんじゃ(oДoⅢ) 一つ一つ詳しく話しても誰も聞かんわ!!(-“-)

ヨシッ!!ということでポリフェノールが持つ代表的な作用を話しておくぞ(笑)

 

  • 肝機能の向上
  • 動脈硬化の予防と改善
  • 美肌効果
  • 抗酸化作用による活性酸素の抑制 など

 

もう少し詳しく話たいんじゃがそれは次の機会としようかの……

 

 

いかがでしたでしょうか??

他にも高血圧に有効な成分はありますが、代表的なものをご紹介してきました。

日常の食事だけで補いにくいものは栄養補助食品としてサプリメントを摂取することも一つの選択だと思います。

 

まとめ

高血圧に有効な主な成分

  • DHA
  • EPA
  • ナットウキナーゼ
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • ペプチド
  • カリウム
  • 食物繊維
  • ポリフェノール

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

すこしでも皆さまの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です