高血圧や動脈硬化の進行を生活習慣で悪化させずに改善するには?

高血圧や動脈硬化が脳卒中や心筋梗塞となります。

こういう話を聞いたことあるけど具体的に何したらいいの?

というあなたに今日から始められる改善予防をお話しします。

特に胸の痛みや頭痛やめまい、動悸や息切れなどの症状があれば是非試してみて下さい。

 

高血圧や動脈硬化の原因

5626aaa7ad674d9d7bb81315fa926afd_s

TVでもよく高血圧や動脈硬化は生活習慣の改善を!と言ってますが、実際はなかなか難しいです。

 

  • 食後の一服       ← 食事の一部ですね
  • 餃子にビール      ← 最高の組み合わせです
  • 飲んだあとのラーメン  ← 誰かが言い出したら行っちゃいます
  • 野菜より肉       ← 野菜食べても元気出ません 
  • 出てきた食事は残さない ← 残すのもったいないですよね     など

 

 

数多くの雑誌やインターネットで塩分減らして、脂質を少なく、高タンパクな食事で食生活を見直そうという文章をよく見かけます。

 

健康診断でひっかかり、再検査後の病院の栄養士による栄養指導でも同じです。ですが……

 

 

まず無理です。

 

 

赤の他人に簡単に説明されてよし!!今日からジョギングしてアスリートのような食事で栄養管理をしよう!と本気で健康維持に取り組んだ人を私は一度も見たことがありません。

 

なんらかの異常や症状がある方でも栄養管理や塩分制限、禁煙など真剣に取り組む方は3割もいません。

 

 

その結果、高血圧と動脈硬化が進行してしまい、脳卒中、心筋梗塞、大動脈解離など命を落としかねない疾患や後遺症が残ってしまう疾患を発病してしまいます。

 

 

病院に勤めているとこれは他人事ではなく確率であるということがよくわかります。症状があっても大半の人が一時的な症状のみで済みます。しかし一方で

 

 

必ず大きな疾患にかかる方がいます。確実にです。

 

 

そのやっかいな高血圧や動脈硬化の主な原因は

  • 高脂血症
  • 塩分過剰摂取
  • 運動不足
  • 喫煙
  • 飲酒
  • 肥満
  • 栄養バランスの偏り
  • ストレス

 

この要因達は互いに影響を及ぼし合います!! ← これが大事です。

 

つまり悪循環になれば負のスパイラルに陥ってしまいます。しかし、その逆もしかりです。

私は以下に示す3つのことで血液検査の値が劇的に改善しました。

 

 

生活習慣の改善と予防法

4d2893f9e732226f96ff0ccb1627869f_s

その1:歩くことを意識する(実際に歩かなくてもOK)

あなたは普段どのくらい歩いていますか?これは今日はどれくらい歩いたかもしくは歩くかなと

 

意識するだけです。

 

少し前にレコーディングダイエットが流行ましたよね?1日食べたものを記録していくというダイエットです。あれと似たような原理です。

 

普段は意識しないことでも脳が働くことにより効果が顕著に表れます。これは科学的に証明されています。

 

意識することで不思議と1階分ぐらいは階段で行ってみようかなという気になるときがありました。手帳にその日に少しだけ頑張ったことを書くのもなかなかよかったです。

 

毎回書いていたわけではありませんが

 

  • 『地下鉄では階段利用した』
  • 『今日はエレベーター未使用』 など

 

ちょっとしたことを書いておくと見返したときに意外と自分頑張ってるなと思えます。もちろんわざわざ書かなくても大丈夫です。

 

 

その2:喫煙量の減少

242333e8b1dd1e06ea7717ea77612e7f_s

これ、喫煙者はきつそうに聞こえると思います。食後は特に吸いたくなるものです。

 

でも無理をすることはよくありません。ふとしたときにこの1本だけは我慢してみようと考えるんです。そのときに次は我慢しないと自分に言い聞かせます。

 

ポイントは無理しないということです。

 

無理をすると確実に続きません。それどころか、反動により状態が悪くなる場合もあります。吸いたいときには吸って構いません。でもたまに、歩くことも意識してるし、1本だけ我慢してみようと思ってみるんです。

 

 

その3:サプリメントの活用

a13cbc0588b795bc989fd630da8fd005_s

食生活を急に変えるのは誰にとってもストレスになります。そこで高血圧と動脈硬化に焦点をあて、不足している栄養素をサプリメントで補うことを始めてみましょう。

 

私の周りには栄養士や薬剤師でありながらアロマやサプリメントアドバイザーといった資格を持つ友人や身内が数名います。それぞれと話をする機会を設け、数あるサプリの中から

 

栄養素 ②飲みやすさ ③価格 

 

この3点を考慮して購入することがよいという結論にいたりました。

 

 

①栄養素

まず全員がカリウムとDHA・EPAの栄養素が効果的であろうという認識を持っていました。私も医療従事者なので多少の知識はあったものの、いかに不足しやすい栄養素であるかわかりました。

 

②飲みやすさ

特にDHA・EPAは魚由来の成分のため、どうしても青臭さが残る製品が多くあります。栄養補助食品は続けることが非常に大切です。気にならない方はこの点は無視していただいて構いません。

 

続けるためにも飲みやすい商品を選びましょう。

 

③価格

だいたい1日あたりでいくらコストがかかるのかということは重要です。現在、数多くのサプリメントが存在します。

その値段もピンからキリまでです。値段が高くなればそれに伴い品質はよくなります。しかし、残念ながら中には質と価格が見合っていない商品も存在します。

 

商品の口コミやレビューなどを参考にすることも重要ですが、そういった情報は商品を売るために作られた情報である可能性があるということを頭に入れておいて下さい。

 

原材料と成分をしっかりと見て購入しましょう。

 

 

できることから始めましょう

-shared-img-thumb-max16011542_TP_V

悪循環に陥りやすい高血圧や動脈硬化ですが、一つを改善することでよいサイクルを生み出すことも可能です。まずはできることから始めてみましょう。

 

  • 2日に1回家の周りを10分散歩してみる
  • 3階以内の移動なら階段
  • 1日1品だけ野菜を増やしてみる
  • 朝一杯の野菜ジュースを始めてみる
  • サプリを飲んでみる

 

続かなくてもいいんです

 

 

続かなければまた違うものを試してみたらいいんです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

高血圧・動脈硬化は進行してしまってからでは遅すぎます。異変が起こると失われた機能が戻りにくい場合もあります。

 

『自己管理』は、親として子どもに教えたい教育の一つだと私は考えています。あなたの体のこと一度ご家族にも話してみて下さい。緊急時にはそんなときの会話が非常に大切なものになります。

 

少しドライな言い方かもしれませんが、何か起こったときは奥さんやお子さんはパニックにもなりかねません。場合によっては大きな決断をせざるを得ないこともあります。前もって可能性の話をすることは大切なことです。

 

最善はそうなる前に対策を行うことです。大袈裟に聞こえるかもしれませんが、これが病院の臨床現場で数多くの症例を目の当たりにしてきた私の考えです。

 

最期までお付き合いいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です