高血圧や動脈硬化を改善・予防する方法!症状を抑えるための対策とは

頭痛や手足のしびれがときどきある

病院へ行ったけど経過観察と言われた

症状はあるけど1時間程でなくなる…大丈夫?

TIA(一過性脳虚血)かも?

このような不安はありませんか?高血圧や動脈硬化が進行している可能性があります。

 

高血圧や動脈硬化を改善・予防する方法

f89de9cf050deef843ad5702a5a0135f_s

現在日本には高血圧患者は4000万人といわれています。日本人の1/3に及ぶ数です。そして日本人の死因の25%のほとんどが高血圧と動脈硬化が原因です。

 

 

高血圧や動脈硬化の恐ろしいところは自覚症状がほとんどないということです。自覚症状が現れたときは、すでに進行した状態です。

 

あなたには冒頭の様な症状や不安はありませんか?

 

今回は今日から行える高血圧や動脈硬化の改善・予防する方法をご紹介します。

 

 

症状を抑えるための対策

e8514e4274db2644098f7a7343d9aa2f_s

もし今あなたに片側の手足のしびれや視界のぼやけ、手足のむくみがあった場合、

 

高血圧や動脈硬化が進行している可能性があります。

 

ここで何の対策もとらなければ、近いうちに脳梗塞や脳出血、心筋梗塞や大動脈解離など取り返しのつかない病を患ってしまうことも。

 

大勢の方がすぐには何事もない可能性が高いと思います。しかしごく少数ではありますが、

 

 

上記疾患を発症してしまう方は確実にいます。

 

 

では症状に対してどのような対処方法があるのでしょうか?

 

①ストレッチやマッサージ

②降圧薬の使用

③生活習慣の改善

 

基本的にはこの3つです。

 

 

ストレッチやマッサージ

ca42d92ef17718454f121ca2fc3175d2_s

まずは手足のしびれやむくみなどの症状があった場合についてです。このような症状はスジの張りや筋肉の硬直が原因の可能性があります。

 

血流の低下も原因に含まれますが、高血圧や動脈硬化とはあまり関係がありません。

 

筋肉のバランスやストレスによっては、強い胸の痛みが現れることもあります。ゆっくりとしたストレッチがお勧めです。

 

ストレッチやマッサージを行うには自分で行う方法とお店に行き行う方法があります。(当たり前のことをわざわざ言ってすみません)

 

 

自分で行う場合

しびれやむくみの原因として腰、背中、肩、胸の上部、首、臀部といった部位の緊張が挙げられますが、特に気づきにくいコリは脇です。

 

  1. 右手を挙げます
  2. 肘を曲げて右前腕を顔の前に持ってきます
  3. 左手で右脇の中心(くぼみ)を押さえます
  4. 左手を少し後ろに滑らせると太めの筋があります
  5. その筋の少し後ろ(背中側)にあるのが肩甲骨です
  6. 肩の下にある筋と肩甲骨の間を押します
  7. 肩甲骨(外側)に沿って押して下さい

 

 

痛いでしょう?私もです(笑)場所としてわかりにくければ、脇というより肩甲骨の外側に沿って押すと筋肉が緊張していることがわかりやすいです。

 

左右ともに行って下さいね。わかりにくい場合は以下の方法もお試し下さい。

 

  1. 右手で右肩を左手で左肩を掴みます
  2. 肩を掴んだまま肘をグルグル回します
  3. 肩甲骨を意識しながら行って下さい

 

 

筋肉の緊張といえども、めまいやしびれ、痛みの原因になりえます。普段のストレッチや適度な筋トレも重要です。

 

 

マッサージや整骨院の場合

92988ddade861cad4829227e27c93bab_s

あなたが店にいき、施術を受ける場合は、症状と経過を伝えて下さい。特にどんな症状であったかをわかりやすく伝えることが重要です。

 

 

どう伝えていいかわからないときは普段の生活との違いに焦点を当てて伝えるよう心がけてみて下さい。

 

  • 普段は起きないけれど、その日に限って夜数回トイレに起きた 
  • めまいが起こる前には手足のしびれが数分続いた
  • ふとしたときに足に力がはいらなくなる

 

 

病院ではこのような症状からあなたの体内で何が起こっているのかを物理的な視点から可能性を探っていきます。マッサージや整骨院でも同様です。あなたからの情報の選別も診断の重要なファクターになります。

 

必要のない情報に重要な情報が埋もれないように気を付けることが大切です。

 

 

降圧薬の使用

846d19b1e31fdce68876dd954e6b680f_s

次に症状の原因が高血圧や動脈硬化であった場合です。

高血圧や動脈硬化の対策は降圧薬と言われる血圧を下げる薬が一般的です。この降圧薬は病院で高血圧の診断がついた場合に処方される薬です。

 

薬なので当然副作用はあります。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

→降圧剤の種類と副作用は?効かない場合でも飲み続けるべきか?←

 

当然『降圧薬の使用』と『近いうちに起こるリスク』を秤にかけたとき、降圧薬の使用がやむ負えない場合も多々あります。

 

しかし、降圧薬を使用する前に対策を行うことがベストです。

 

 

 

生活習慣の改善

 

929ad9f25c28a7048cd9df6d4a37a12a_s

薬を服用するしないに関わらず、こちらが最も大切なことです。仮に薬を使って血圧を下げたとしても根本的な解決にはなりません。

 

外部から異物を取り込んで強引に血圧を下げるよりも、体本来の機能として血圧を安定させる方がはるかに健康的です。

 

しかし、個人のライフスタイルによっては難しい場合も多くあるでしょう。薬との上手な付き合い方も必要です。そこですぐにできる生活習慣の対策として

 

①禁煙

②サプリメント

③栄養バランス

 

この3つをお勧めします。

 

 

禁煙

9206c909c894db9fc4d1b267f53db945_s

あなたが愛煙家であれば、まずは1日の喫煙本数を少しだけ減らしてみましょう。

 

いきなりの禁煙は必ずストレスになります。ストレスは高血圧・動脈硬化の進行を早めます。ただし、1日に1回吸いたいと思ったときに我慢してみて下さい。

 

そして次に吸いたくなったら、次は我慢しないと考えるのです。このことを念頭においておけば、必ず喫煙数は減っていきます。

 

まずは目の前の1本を我慢してみて下さい。

 

 

サプリメント

aa55551a234320dc4bf1bcc87dc287ed_s

サプリメントの活用も有効です。協力者である管理栄養士と薬剤師(サプリメントアドバイザーの資格有)の3人とサプリメントについて話した結果、

 

 

私を含め3人ともがカリウムとDHA・EPAの栄養素が効果的であるという見解を持っていました。

 

 

世の中にはたくさんのサプリメントや栄養素があります。その中でなぜカリウムとDHA・EPAなのか?それは以下の2点からです。

 

高血圧や動脈硬化を改善しやすい作用を持つ

不足しやすい栄養素

 

日頃不足しがちな栄養素を補給することで、体は驚くほど正直に応えてくれます。ではこの2つの栄養素について見ていきましょう。

 

 

カリウム

【カリウムの主な働き】

  • 食塩を排出して血圧を下げる
  • 心臓や腸の働きを正常に保つ
  • 手足の筋肉の調整

 

カリウムを積極的に摂取することにより脳卒中の発症リスクが21%も減少可能という論文もあります。

 

カリウムはほうれん草や大根に多く含まれます。熱に強く、水に溶けてしまう性質があります。効率よく摂取するにはどうすればよいのでしょうか……

 

 

【カリウムの摂取方法

ここで私の実体験をご紹介します。

昔、私の祖母がいつもと違う感じがしたときがありました。呂律が回らず会話も少し違和感があります。祖母の家に立ち寄ったのが昼すぎでした。11時前に起きたという話と昼食をまだ食べていないという会話を思い出しました。

 

『頭ぼーっとしてない?どっか筋肉ピクピクしてない?』

 

と聞くと訴えがありました。糖尿病であったため、脳卒中よりも低血糖かカリウム不足かもしれないと考え、台所にあったバナナを食べてもらいました。バナナには糖もカリウムも含まれています。

 

しばらくするとさっきの症状が嘘のように、いつもの祖母に戻っていました。自宅でのことで、血液検査をしていないため原因はわかりませんが、私は糖かカリウムに原因があったと考えています。

 

その後、母を通じて確認のための検査を勧め、病院受診にて血液検査とMRI検査を行い、異常がないことが確認されました。改めて栄養素の即効性を感じた出来事でした。

 

熱に溶け出しやすいカリウム。この話のようにバナナに多く含まれます。リンゴにもカリウムが豊富です。

 

カリウムを多く含む食べ物についてはこちらもご覧下さい。

→血圧をすぐに下げてくれる食べ物は?パセリやアボカドに即効性あり!←

 

カリウムは通常の食材からの摂取が容易です。しかしカリウムに比べDHA・EPAは摂取しにくい栄養素かもしれません。

 

 

DHA・EPA

一度は耳にしたことのある栄養素ではないでしょうか?主に青魚に多く含まれるもので血液サラサラの効果があります。あなたはここ一週間で何度魚を食べましたか?

 

3回以上食べていない場合は、DHA・EPAの推奨摂取基準量を満たしていない可能性が高いです。実は病院から処方される薬にこのDHAやEPAを有効成分としている薬があることをご存知ですか?

 

 

ロトリガ(DHA EPA)やエパデール(EPA)という薬です。

 

 

血管内で血液が固まるのを防ぎ、高脂血症の改善にも用いられます。

実際の医療でもDHAやEPAは有効であると認められているということです。こちらは降圧薬(血圧を下げる薬)ではなく、動脈硬化や高脂血症の薬になります。

 

それほどDHAやEPAは血液凝固を抑える働きがあり、注目されています。

 

 

【DHA・EPAの摂取方法】

魚は食べるの時間かかるし、外食の場合は出て来るスピードも遅い。そもそも食べたいものを食べたい!と無理に意識しすぎるとそこにはストレスも発生します。

 

あなたが魚好きであれば問題ありませんが、このサイトを見ていただいているということはお肉が好きということだと思います。

 

ストレスも高血圧や動脈硬化の原因であるため、そのようなときはサプリメントでの補給をお勧めします。

 

サプリメントのお勧めの摂取方法は魚を食べた日は飲まずに食べていない日は飲むという方法です。このように栄養バランスが悪いときに不足している栄養素の補助食品としてサプリメントを利用するのは効率の良い方法です。

 

↓↓当サイト一押しのサプリの紹介記事です。一度ご覧下さい。↓↓

→当サイト一押し!血液サラサラDHA・EPAサプリとは?←

 

 

栄養バランス

7e062637d72f7d20421865441acfd891_s

しかし、サプリメントで補える栄養素はごく限られた種類です。やはり人に必要な栄養素の大半は食事により摂取されます。できることからで構いません。

 

今まで野菜不足ではありませんでしたか?

魚はどのくらいの頻度で食べていましたか?

 

1日1品だけ揚げ物をサラダにしてみるなどできることから始めてみて下さい。それだけでも体内では変化が起こります。味の好き嫌いではなく体に必要な栄養素と考えましょう!何度も言いますが、できることからです。

 

少し長くなってしまったのでまとめます。

 

まとめ

症状を抑える対処方

  • ストレッチやマッサージ
  • 降圧薬の使用
  • 生活習慣の改善

 

すぐに始められる生活習慣の改善

  • 2日〜1日の禁煙
  • 補助としてのサプリメント摂取
  • 1日1品のサラダ変更

 

リスクの少ない生活を維持しましょう!

最期までお付き合いいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です