脳出血で入院中の患者様から
『発病してからめまいがひどくて……これ後遺症?』

 

と相談を受けました。
脳出血後、めまいに悩む方は多いです。

 

今回は脳出血の発生部位と症状について。

 

高血圧性脳出血の発生部位

 

脳出血にも起こりやすい部位があります。
これは脳の血管の走行が原因です。

 

特に高血圧性脳出血には好発部位があります。

 

部位 割合
第1位 被殻 40%
第2位 視床 30%
第3位 大脳皮質下 10~15%
第4位 小脳 10~15%
第5位 脳幹 5~10%

 

高血圧性脳出血は被殻と視床で70%を占めます。

 

年齢では60~70代が好発年齢です。
というかそもそも被殻ってどこ?って話。

 

発生部位と症状

 

脳出血が起こると出血部位により症状は異なります。
まずは被殻から。

 

被殻出血


被殻出血の症状
  • 片麻痺
  • 感覚障害
  • 失語症
  • 半盲(左右片側が見えなくなること)
  • 失認(人やものが認識できない)
  • 失行(ある動作をしようとしてもできない)

 

視床出血

視床出血の症状
  • 片麻痺
  • 感覚障害
  • 失語症
  • 眼瞼下垂(まぶたが下がってきます)
  • 視床痛

※視床痛:障害側の上肢や下肢に不快な痛みを伴う症状

 

大脳皮質下出血

大脳皮質下出血の症状
  • 片麻痺
  • 感覚障害
  • 失語症
  • 半盲
  • 失認
  • 失行

 

小脳出血

小脳出血の症状
  • 運動失調
  • 回転性めまい
  • 嘔吐

 

脳幹出血

脳幹出血の症状
  • 四肢麻痺
  • 意識障害
  • 呼吸障害
  • 心停止

 

この脳幹出血は正直きついです。
脳幹は脳の中でも特に重要な部分なので、症状も重篤な場合が多いです。

 

どの部位も脳にとっては重要な働きがあります。後遺症は様々ですが、今日はその中でも小脳出血の後遺症でもある回転性めまいについて簡単にまとめときます。

 

回転性めまいとは

 

自分や周囲(天井や壁など)がグルグル回って見える症状のことです。吐き気や嘔吐を伴うことも多くあります。

 

回転性めまいの症状
  • 天井が回っている感じ
  • 立つと地面が起き上がってくる
  • 物が一方向へ流れる
  • 周囲の景色が勝手に流れていく

 

このような症状が多くみられます。
原因として以下の部位に障害等がある可能性があります。

 

  • 内耳
  • 前庭神経
  • 小脳

 

この小脳の原因で頻度が高いのが脳出血です。

 

内耳や前庭神経によるめまいであれば改善方法はありますが、
小脳や橋など中枢神経障害では治療法が未だ見つかっていません。

 

 

小脳出血を起こしてその後遺症として回転性めまいがでる。
そのときに問題になるのがリハビリ。

 

めまいがあるためリハビリが開始できないという場合も少なくありません。

 

しかし脳梗塞や脳出血は発症から半年が最も回復しやすい期間。
その期間にどれだけリハビリを頑張るかによって回復の程度も変わります。

 

発症して命が助かったのであれば、早期のリハビリ開始のためにも、まずはめまいに慣れることが重要。

 

なるべくめまいがあっても起きている時間を伸ばし、無理のない範囲で慣れていきましょう。気を紛らわせることも症状の軽減につながります。読書や雑談、スポーツ観戦など、集中できることがお勧めです。


高血圧と脂質異常を『本気』で改善したい方のみご覧下さい。宣伝でもなく、販売でもなく、私が実際に行った『やり方』をお伝えします。やれば必ず変わります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です