MRI検査は金属はダメという話は聞いたことがあると思います。

 

しかし最近では『入れ墨があると受けられない』『インプラントは?』『妊娠中でも大丈夫?』といった質問も多くあります。

 

海外ではMRI室への金属持ち込みによる死亡事故も起きています。

 

より安全に検査を行うためにMRI検査が受けれるものと受けれないものをご紹介していきます。

 

MRI検査での危険な事例

 

まずは実際に起こってしまった医療事故の話です。

 

10数年前の海外で実際に起こったことです。少し脚色してお話します。

5歳の男児が脳腫瘍摘出の手術をうけ、フォローアップ(経過を見る)ためにMRI検査室に入室。男児には麻酔がかけられていました。(検査中は動くと画像が乱れるため)

 

手術後であったため、酸素マスクを付けた状態での入室。そのとき病院スタッフが誤って酸素ボンベをMRI検査室内に持ち込んでしまいます。酸素ボンベは金属性のためMRI装置の強力な磁力に引き寄せられ、宙を舞いました。

 

宙を舞った酸素ボンベは検査台で横になっていた男児を直撃。

 

衝撃による頭蓋骨骨折と脳内出血のため、2日後に亡くなりました。

 

このような起きてはならない事故が実際に起こっています。

 

まず医療従事者がMRI室に磁性体(磁石にくっつく性質を持つもの)を持ち込むなど言語道断。絶対にやってはいけないこと。人の命に係わる以上『知らなかった』は通用しません。

 

仮に患者本人が何かしら磁性体のものを持ち込んだとしても、それも医療側のミス。
どんな事情や状況であれ入室前のチェックを怠ったということです。

 

医療関係者はこのことはしっかりと頭に叩き込んでおかなければなりません。

 

少し話が逸れましたが、MRIはしっかりと安全確認を行った上で検査すれば、有用性の高い検査です。被ばくもなく、CTとは異なった画像情報を得ることができます。

 

では安全性を確保するために検査を受けれないのはどんな場合でしょうか?

 

MRI検査を受けれない方

13f8ac419dc7465272b6c9b4cb0851a3_s

 

以下のものが体内にある場合は、MRI検査は諦めて下さい。

 

MRI検査『原則』禁忌
  • 心臓ペースメーカー
  • 人工内耳
  • 除細動器
  • 神経刺激装置(TENS装置・誘導性視床刺激装置)
  • 骨成長刺激装置

 

これらはMRIの磁石の影響を受けてしまう可能性があるためダメ。

 

しかし最近ではMRI検査対応の心臓ペースメーカーが開発され徐々に普及しています。日本では2012年10月よりMRI検査対応のものが実用化されています。

 

しかしMRI検査対応といってもすべてのMRI機器に対応しているわけではありません。

 

検査を行うには検査前後のペースメーカーのチェックや設定の変更、検査を行う施設の設備や装置が検査実施条件を満たしている必要があります。

 

 

まだペースメーカーがMRI対応のものであっても、それに対応した病院や施設はまだまだ数少ないのが現状です。

 

 

検査対応のものはペースメーカーを埋め込む際にMRI検査対応というカードが配られます。これは絶対に持ち歩いて下さい。少し話が逸れますが、救急の現場では

 

  1. 意識消失や認知症や意識朦朧の患者様が救急で搬送
  2. 症状や所見は脳梗塞疑い
  3. 意思疎通が難しいにもかかわらず家族や同乗者なし
  4. 初診のため何も情報がない
  5. MRI検査による診断が必要

 

 

このようなことが往々にしてあります。
夜間であればなおさらです。

 

そのような場合は以下の方法で体内金属の有無の確認を行います。

 

  • 頭部・胸部のレントゲン撮影にて体内金属の確認
  • 金属探知機にて体内外金属の確認
  • 目視による手術跡の確認

 

 

これらの確認を行い検査をします。
しかし医療機関でも確認は行いますが、リスクは0ではありません。

 

そんなときにこのカードがあるとMRI室への入室リスクが軽減されます。

 

MRI検査を受けれない可能性のある方

77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_s

 

続いては、場合によって検査ができない可能性がある方です。

 

MRI検査『相対』禁忌
  • 脳動脈クリップ
  • インプラント
  • 臓器内に金属片がある方
  • 化粧
  • 入れ墨
  • 血管内デバイス
  • 心臓の人工弁
  • 人口耳小骨
  • 妊娠中

 

脳動脈クリップ

8a1ffd3ec7d6e1f128842014f390d2ec_s

種類によっては検査可能です。(というか『いつ』これを埋め込んだのかが重要)昔は金属製のものを使用していたため、磁力の影響により脳内で動く恐れがあります。

 

最近では磁石に反応しない材質のものが使用されているため検査可能です。しかし、金属を使用していたのはかなり以前の話のため確認をしようにも

『手術した病院がすでにない』
『カルテが存在しない』

など確認できないことも多々あります。

 

その場合はレントゲン撮影を行い確認したり、以前にCTを撮影していれば過去の画像から検査の可否を判断します。

 

インプラント

fb9e338a1301985575559d22c64b2a83_s

しっかりと埋め込まれているものは検査可能です。着脱できるのもはすべて外して検査します。磁石でくっつくタイプのものは検査不可としている施設もあります。

 

検査を行った際は金属のためインプラント周辺は磁場の乱れにより黒く抜けた画像となります。歯に近い脳の一部も黒く抜けたような画像となることが多いです。

 

臓器内に金属片がある方

b6620f412890ce09de2c7342b7697c4f_s

戦時中に目や臓器に金属片が残っている場合は危険な場合があります。鉄鋼業を長くされている場合も知らず知らずに体内に金属片がある可能性もあるため、注意が必要です。

 

実際に金属片が眼窩内にあり、気づかずに検査したところ失明したという事例もあります。

 

化粧

4c8a0a662e37c131dac6def45a451ad7_s

 

マスカラやアイラインに金属(酸化鉄)が含まれている商品があります。失明等の報告はありませんが、火傷の恐れがあるため、検査時に化粧を落としてもらう病院もあります。

 

入れ墨

warrior-718747_640

 

和彫りの色付けに金属が使用されていることがあり、火傷や色落ちが起こる可能性があります。(現在ではほぼ大丈夫です)患者様がそれでも構わないという場合は検査を行います。

 

また一時流行した眉毛の入れ墨にも金属粉が含まれている場合もあります。患者様の同意の上検査を行いますが、私の経験上火傷や色落ちの症状が出たことはありません。影響の程度は装置のスペック(性能)にもよるため、検査時はしっかりと申し出て下さい。

 

血管内デバイス

f72c6580acc2bc500a9185675fd8cec1_s

 

(手術したことのある方ならわかると思います)スワンガンツカテーテルや冠動脈ステントなど体内組織にしっかりとなじむまでは検査は見送られます。目安として挿入から2~3ヵ月としている施設が多いです。

 

心臓の人工弁

319e1c5a0d13b4f453986ef49b7ae205_s

 

現在の製品は安全が確立されています。1970年以前の製品は金属製のため検査不可です。手術を行った施設に確認することが一番確実ですが、こちらも情報が残っていない可能性があります。

 

確信がない場合はレントゲン撮影での確認をお勧めします。

 

人工耳小骨

f09709c12cb609b72f749d10a92ef66a_s

 

耳小骨の代わりにセラミックを使用します。そのセラミックを金属ワイヤーで固定しているため磁場による影響が懸念されます。こちらはMRI検査での安全性が確認されていません。

 

妊娠中

dd375236a11f597118efa0637bfa1423_s

 

胎児が磁場の影響を受けたという報告や事例はありませんが、安全性が確立されていないため、よほどの緊急時でなければ見送られることが多いです。

 

特に妊娠期間のうち受精~1/3は極力避けたほうがよいでしょう。

 

これより先は私見ですが、MRIは磁石と電磁波を利用した検査です。似たようなものが電子レンジです。電子レンジで液体を入れると温まりますよね。

 

胎児は羊水の中です。胎児に対して全く影響がないとは言い切れないため、もし妊娠中にMRI検査を勧められた場合はよく相談されて下さい。検査を行うということは少なからず検査によって得られる情報が必要なためです。

 

『検査をしないリスク』と『検査を行うリスク』についてしっかりと理解して判断しましょう。

 

MRI検査に問題ない場合

e8514e4274db2644098f7a7343d9aa2f_s

 

  • 股関節や膝の人工関節
  • 骨折治療時のボルトやワイヤー
  • 手術後3ヵ月以上経過したステント
  • 脳神経外科用部品(ドレーンやリザーバー等)
  • 穿刺針

 

このようなものはしっかりと体内外固定されていれば問題ありません。とくに人工関節での問い合わせが多くありますが、検査は可能です。

 

ですが、膝の人工関節がある場合に膝のMRI検査を行っても金属の影響により、画像情報は得ることができません。検査部位との位置関係はしっかりと確認しましょう

 

MRI検査室に持ち込めないもの

078c1f05284a057394976db731de5428_s

 

ここまで体内のものに関してお話してきましたが、普段身につけているものもMRI室への持ち込みは禁止されています。

  • 時計や磁気カード
  • 補聴器
  • コルセット
  • ヘアピンや安全ピン
  • カイロ
  • 入れ歯
  • カラーコンタクト
  • 携帯電話       など

 

どれも壊れてしまう場合や機械に飛んでいってしまう可能性があるため、持ち込みできません。

 

携帯電話は仮に持ち込んでも大丈夫だったことはありますが、磁気カードは一歩でも室内に入ってしまうとカードのデータが消えてしまい、キャッシュカードなどは再発行の手続きが必要になってしまいます。

 

お気を付けください。

 

病院側では安全に検査できるよう最善をつくしますが、検査前には正しい知識を持ち、安全に検査できるようご協力いただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です