プラビックス錠の副作用は?納豆やビタミン剤との食べ合わせに注意?

 

最近プラビックスがよく処方されています。
血液を固まりにくくする薬ですね。

 

『この薬を飲みながら血液がサラサラになる食べ物は食べても大丈夫なの?』

 

このような質問が多く寄せられます。
副作用や出血などのリスクも含めてお話していきますね。

 

納豆やビタミン剤との食べ合わせに注意

プラビックス服用中の患者様様から『納豆は食べてもいいですか?』といった質問もあります。

 

 

結論から言うとプラビックス服用中でも納豆やビタミン剤は食べても問題ありません。

 

 

これはプラビックスと同じ作用を持つワーファリンが問題となる話です。納豆にはビタミンKが多く含まれています。このビタミンKがワーファリンの効果を下げてしまうのです。

 

ビタミン剤も同様ですが、ワーファリン服用中に控えた方がいいのはビタミンKのみです。サプリメントでもビタミンKが入っていないビタミン剤であれば摂取してもらって構いません。

 

ワーファリンについてはこちらで実際の症例とともにお話しています。

 

プラビックスの効果

2e339a7194720b9b8c3c6ce8e9cf829e_s

プラビックスは血液が固まりにくくなる薬です。
血液が血管内で血栓を作ってしまうと脳梗塞や心筋梗塞の原因となってしまいます。

 

 

主に高血圧や動脈硬化の患者様に脳梗塞の予防として処方されることが多いです。
また一度脳梗塞を起こした方にも再発防止のため処方されることがあります。

 

 

どのような仕組みかということは少しややこしい話になるので簡単にお話しますね。
こちらは興味がなければ飛ばしてもらってかまいません。

 

血管内に血栓ができると脳梗塞や心筋梗塞などの原因となってしまいます。血栓により血管が塞がれてしまうのです。

 

特に一度脳梗塞や心筋梗塞を発症してしまった場合は再発のリスクが大いにあります。

 

つまり血栓ができにくいようにできればいいのです。
まずは血栓がどのように作られるのかです。

 

血栓は血液内の血小板が集まることにより作られます。
ということは血小板が集まらないようにすればいいわけですね。

 

血小板が集まる条件は血小板内のカルシウムイオン濃度が高いときです。濃度が上がると血小板がせっせと集まり出すんです。

 

ここまで大丈夫ですか?少しややこしくなっていきますよ。

 

カルシウムイオン濃度が低ければ血小板は集まりにくくなります。
つまりカルシウム濃度を下げればいいわけです。

 

カルシウムイオン濃度を低くする物質、それがcAMPというものです。

 

このcAMPの量を増やすとカルシウムイオン濃度は低く抑えられます。プラビックスにはこのcAMPの量を増やす作用があるのです。(厳密に言えばもう少し複雑な作用です)

 

同じ系統のアスピリンやパナルジンといった薬と比較すると薬価は少し高くなりますが、副作用が少なく比較的安心して服用できるお薬です。

 

作用とかより実際飲んでどうなの?という話ですよね。
まずは副作用からいきましょう。

 

プラビックス錠の副作用

-shared-img-thumb-OZPA87_megaitaindesu20130707_TP_V

薬を服用するときに最も気になるのは副作用ですよね。
比較的副作用が少なく安全といわれるプラビックスですが、どのような副作用があるのでしょうか。

 

よく報告のある副作用として以下のものがあります。

 

  • 歯磨きのときの出血
  • 黄疸
  • 吐き気 嘔吐
  • 食欲不振

 

 

やはり血液がサラサラになる分、出血のリスクはあります。

 

鼻血なども止まりにくくなりますが、出血部をしっかりと圧迫することで止血はできます。10分〜15分ほどは動かしたり力を緩めたりせずにじっと抑えておきましょう。

 

まためったにありませんが、極稀に重篤な副作用が起こる場合があります。

 

  • 頭蓋内出血        → 激しい頭痛 片麻痺 嘔吐
  • 胃腸・眼底・関節出血   → 下血 吐血 視力障害 関節痛
  • 肝機能障害        → 疲労感 倦怠感 食欲不振
  • 黄疸           → 目や皮膚が黄色くなる
  • 血栓性血小板減少性紫斑病 → 倦怠感 食欲不振 紫斑
  • 無顆粒球症        → 咽頭痛 頭痛 耳鳴り
  • 汎血球減少症       → 咽頭痛 頭痛 耳鳴り

 

 

このような症状が現れた場合はすぐに医師や医療機関に問い合わせてください。
プラビックス発売前はパナルジンという薬がよく処方されていました。

 

パナルジンに比べ血栓性血小板減少性紫斑病や肝機能障害、無顆粒球症など重篤な副作用の発生頻度は低く安全性は高い薬です。

 

また『飲み忘れた場合どうすればいいですか?』との問い合わせも多くあります。その場合は気がついた時点で1回分を服用してください。

 

 

絶対に2回分を1回で服用したりはしないで下さい。
もし次の服用時間まで近ければ1回分を飛ばし次から通常通り服用して下さい。

 

 

この2つは必ず守ってください。
医師の指示なしに自己判断で薬の服用をやめたり、過剰に摂取することは危険です。
疑問や不安がある場合は医師もしくは薬剤師に相談するといいでしょう。

 

用法用量について

fa632a3207146a1b12e6bafbb2a17532_s

プラビックス錠の剤形(規格)は2つあります。

  • プラビックス錠 75mg
  • プラビックス錠 25mg

 

通常は1日1回75mgを服用します。
年齢・体重・症状など必要に応じて50mg(25mg×2錠)と使い分けを行います。

 

空腹時の服用は避けてくださいね。
これは空腹時の服用ではプラビックスの効果があまり得られなくなるためです。

 

プラビックス錠の薬価

abb6c2ce0c2930587d87e18e43c19057_s

脳梗塞や心筋梗塞の予防や再発防止のために服用するプラビックス。
特に再発防止で服用するならば、毎日飲むものですし、経済的なことも気になりますよね。

 

規格 薬価
プラビックス錠 75mg 282.7円
プラビックス錠 25mg 112.5円

 

プラビックスにはジェネリック医薬品(後発品)も多く存在します。
取り扱っているものは病院や薬局により異なるため、気になる場合はいつも利用しているところで、問い合わせてみて下さいね。

 

いかがでしたでしょうか?

 

生活習慣や運動だけでなく、薬を使っての脳卒中予防や再発防止も効果的だと思います。もちろん理想は薬の服用なしでの健康維持です。

 

しかし、一人一人の状況や環境に合わせた、健康維持の提唱や提案も医療のあるべき姿だと思います。

 

プラビックスを服用中であれば、高血圧もしくは脂質異常症(高脂血症)の診断を受けている方がほとんどだと思います。もし薬に頼ることなく改善したいという場合はこちらを参考にしてみて下さい。

 

 

実際に私が3ヵ月間で血圧と脂質を基準値に戻した体験談を画像付きで記載しています。

 

最後までお付合いいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です