脳梗塞と低血糖の症状はとてもよく似ています。

 

病院でも脳梗塞を疑いつつも実際は低血糖だったということもしばしば……

 

脳梗塞疑いとの一報で救急搬送されてくる患者様の中には一定数の割合で低血糖症が含まれます。

 

症例

 

『62歳男性。当院循環器かかりつけ。右上肢脱力、構音(言語)障害、不穏。血圧155/91。脳梗塞疑いで緊急搬送。』

 

家族から話をきくと、突然いつもと違う感じになり慌てて救急車を呼んだとのことです。

 

 

血圧も少し高い。脳梗塞が疑わしい。

 

 

実際にこの方はロレツが回っておらず、意味不明な言葉をブツブツとつぶやいている状態。脱力状態で意思の疎通はほとんど無理。時折顔をあげて怒鳴りちらすような大声を上げたかと思えば、糸の切れたマリオネットのようにストンと力が抜けます。いわゆる『不穏状態』

 

すぐにMRI検査を行います。

 

技師 『うーん。梗塞も出血もないですね。発症からどれくらいですか?』
看護師『家族が発見してから3時間程だそうです』

 

技師 『低酸素脳症とかもなさそう……』
看護師『すみません。実は救外がバタバタで血糖まだなんですよね……』

 

検査後すぐに血糖を測定したところ38mg/dlだったと報告がありました。
バリバリの低血糖でした。

 

低血糖の診断
  • 血糖値が70mg/dl以下
  • 低血糖の症状があれば70mg/d以上でも低血糖の診断

 

低血糖だった場合どうすべきか

 

この方のように脳卒中と低血糖症は症状が非常に似ています。
救急の現場でも脳卒中が疑われる場合はまずは血糖測定が行われます。

 

当院でも通常は血糖測定を行っていますが、当日は急患が多すぎて人手が全く足りていない状態でした。上記で会話していた看護師も話をしたのちすぐに救急外来に走って行きました。

 

この方はブドウ糖を舐めてもらい、しばらく安静。
するとものの5分程ですぐに正常に戻り何事もなかったかのように歩いて帰宅されました。

 

このように通常では考えられないような状態に陥ってしまう低血糖。
特に普段を知る家族や友人や職場の人はその変わりように驚きます。

 

そもそも低血糖って何?

00950732826b2998a36a572c400bd393_s

 

そもそも低血糖って何?って話。

 

 

低血糖とは血液中の糖(ブドウ糖)が少なくなった状態のこと。

 

 

うん。
字のまんまです笑
血液中の糖が低い状態。

 

逆に血糖値が慢性的に高くなる病気が糖尿病です

 

おしっこの中に糖がたっぷり含まれるぐらい血糖値が高い状態が糖尿病。
しかし実は糖尿病でも低血糖は起こってしまいます。

 

血糖値が高くなるのに低血糖?と思いますよね。
簡単に言うと薬の影響。

 

詳しくはこちら。

関連記事

 

糖尿病でも時に生死を分ける危険が伴う低血糖状態になってしまうのです。このように血液中の糖は多すぎても少なすぎてもダメ。

 

だいたいの望ましい基準値がこちら。

 

血糖の基準値

空腹時血糖   70~109mg/dl

食後2時間血糖 140mg/dl未満

 

これぐらいが通常の値です。
ここまでの話でわかるように血糖値は食事により変化します。

 

食事をすれば炭水化物(糖質)が吸収され、血液中の糖が増加。
で身体にはその増えた血糖値を一定に保とうとする機能がついてます。

 

この機能が正常に働くことで血糖値をある程度一定に保ってるわけです。
それがグルカゴンとインスリンというホルモン。

 

 

血糖値が低いときはグルカゴンが分泌され血糖値を上げます。(空腹時)

血糖値が高いときはインスリンが分泌され血糖値を下げます。(食後)

 

 

主に低血糖は空腹時に生じるものです。
男性でお腹減ったら、異常なぐらいイライラする人いますよね。

 

あれも糖が足りてないことが原因。
ちょっとした低血糖です。

 

ちなみに血糖値が50mg/dl以下の場合はパニック値といい、病院でもすぐに処置が必要な値という認識です。

 

低血糖症の種類(これは結構どうでもいい話)

 

低血糖症の症状は様々。
うつ病や統合失調症、パニック障害、慢性疲労症候群などに間違えられることもあります。

 

そんな低血糖の症状には分類があります。
その分類により症状が異なるのです。

 

ただ正直分類とははどうでもいい話。

 

ただし、最後の無自覚性低血糖は甘く見ると命に係わる場合もあるので注意が必要です。

 

ラベル名
  1. 自律神経症状
  2. 中枢神経症状
  3. 無自覚性低血糖

 

自律神経症状

血糖値が急激に下がることで現れやすい症状です。

  • 空腹
  • 発汗
  • 震え
  • 不安
  • 動悸
  • 唇の乾燥       など

 

中枢神経症状

血糖値が緩やかに下がることで現れやすい症状です。

  • 意識混濁
  • 痙攣
  • 集中力の欠如
  • おかしな行動(不穏)
  • 発語困難
  • 頭痛
  • 眠気         など

 

無自覚性低血糖

冒頭の上記症例は本人に低血糖の自覚がありませんでした。このような状態の低血糖を無自覚性低血糖といいます。

 

本人に自覚がないため、繰り返し低血糖になることが多い。
そして自覚がないので危険な状態になってもそれが危険かどうか自分じゃわからない。

 

だから危ない。

 

以下に血糖値ごとのだいたいの症状をあげておきます。
こんな症状があった場合は注意して下さい。

 

たかが血糖値。とは思わないこと

 

低血糖とは血糖値が70mg/dl以下のこと。
症状は様々なので以下に示す限りではありません。

 

あくまで一つの指標としてとらえておいて下さい。

 

70ml/dl以下

異常な空腹感 動悸 手や指の震え 冷や汗 脱力感

 

50ml/dl以下

無気力 倦怠感 動悸 不安感 手足の震え 顔面蒼白

 

30ml/dl以下

意識レベルの低下 ロレツが回らない 異常行動 めまい 疲労感

 

30以下になると明らかな異常が見てとれます。

 

20ml/dl以下

痙攣 昏睡 など

 

20以下は本当に危険な状態。
緊急で『ブドウ糖』もしくは『グルカゴン』の投与が必要です。処置が遅ければ手遅れになることもあります。

 

低血糖になったときは?

 

低血糖かな?と思ったときは、まず横になり安静な状態になります。そして望ましいのは

 

 

経口用のブドウ糖を舐めることです。

 

 

飴を持ち歩くという話もよく聞きますが、口の中で溶けるのに時間がかかる上、吸収速度もブドウ糖にはるかに劣ります。もちろん何もしないよりはるかにいい。

 

というかブドウ糖がないなら何でもいいから糖分を摂ること。
これが正解。

 

病院ではブドウ糖の静脈注射もしくはグルカゴンの皮下注や筋注が行われます。食べ物による摂取は消化吸収を経て血糖値が上昇するので、若干時間がかかります。やはり最も望ましいのはブドウ糖です。

 

低血糖用としてタブレット状、チップ状になったものが販売されています。もし低血糖のリスクがあるようでしたら、常備しておくことをお勧めします。

 

 

いかがでしたでしょうか?
意外と知られていない低血糖の話でした。

 

脳梗塞かも?と思ったときは低血糖の可能性もあるということを頭の片隅に置いておいて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です