糖尿病の慢性合併症の危険性!症状が現れる順番とその期間についても

糖尿病には3大合併症といわれるものがあります。

糖尿病が恐ろしいのはこの合併症です。

そして合併症には現れる順番とその期間があります。

もし糖尿病であればあなたがだいたいどの段階にいるか把握しておきましょう。

 

糖尿病の合併症の危険性

being-alone-513526_640

前回の記事で糖尿病の急性合併症についてお話しました。糖尿病で合併症というのは主に『慢性合併症』のことを指します。

 

 

糖尿病では急性合併症でも慢性合併症でも一旦起こってしまうと生活の質(QOL)と寿命は著しく低下してしまいます。

 

 

QOLや寿命の低下といわれると不安になりますよね?しかし、血糖値の管理と合併症の予防、合併症が発症してもそれ以上の悪化を防ぐことで、通常の生活を送ることが可能です。

 

糖尿病による高血圧と動脈硬化で脳梗塞、脳出血を発症される方も多くいます。しかし、きちんと管理とコントロールを行うことで発症率を下げることもできます。

 

三大合併症というくくりまで存在する糖尿病の慢性合併症。詳しく話をするその前に、意外と勘違いの多い合併症についてわかりやすくお話します。あなたは合併症って何だと思いますか?

 

 

合併症とは

716c1887e4d72f05f2b76c62e0ee57c4_s

まず合併症というものをどう捉えていますか?何度も耳にされている言葉だと思います。しかし、たまに意味を取り違えている患者様もいます。風邪を例えにお話しますね。

 

風邪をひいても通常であれば2~3日ほどで回復します。しかし高齢の方など身体の免疫力が低下している場合、風邪を引き金として、肺炎など他の病気にかかってしまうことがあります。

 

ここでいう風邪の合併症が肺炎になります。

 

ではこれを糖尿病で考えてみましょう。糖尿病は血液中のブドウ糖濃度が高いという病気です。

 

 

つまり糖尿病の合併症は血糖値が高いことが原因で引き起こされるものです。

 

 

慢性合併症の分類

ba93861259e9bd490cc6730dde3d2746_s

前置きが少し長くなってしまいましたが、以上のことを踏まえて慢性合併症の分類です。大きく2つにわけられます。

 

細小血管障害

大血管障害

 

やはり高血糖が原因のため、その合併症も血管からくるものです。3大合併症は細小血管障害に分類されます。

 

 

細小血管障害

赤血球

この細小血管障害に糖尿病の3大合併症といわれるものがあります。以下の3つです。

 

糖尿病神経障害

糖尿病網膜症

糖尿病腎症

 

糖尿病発症の初期段階から血糖値をしっかりコントロールできれば合併症が発症することはほとんどありません。それを踏まえた上で、それぞれ簡単にお話していきます。

 

 

糖尿病神経障害

『血糖値が高いとなんで神経障害が起こるの?』
このように思いませんでしたか?

 

神経は細胞が集まって構成されています。つまり血液から栄養されているということです。そのため高血糖状態が続いてしまうと神経に障害が起こってしまうのです。

 

症状や改善方法についてはこちら
糖尿病神経症の症状や治療法は?メカニズムや発症までの期間について

 

 

糖尿病網膜症

実は糖尿病網膜症には自覚症状はほとんどありません。しかし放置してしまうと突然眼底出血や網膜剥離が発症します。

 

糖尿病の方の約半数がなんらかの網膜異常を有しているというデータもあり、失明の原因にもなります。糖尿病の多い欧米では失明の原因第1位が糖尿病網膜症です。

 

中には『糖尿病で失明の可能性?!』と大変驚かれる患者様もいらっしゃいますが、全国でも2~3万人ほどの方が失明されているとのデータがあります。

 

網膜とは眼球の内側を覆っている膜のことです。この網膜には細い血管がたくさん存在します。この血管が高血糖により障害され糖尿病網膜症が発症してしまうのです。

 

症状や改善法についてはこちら
糖尿病網膜症は失明の原因第2位!検査方法や費用や治療について

 

 

糖尿病腎症

糖尿病の方の死因の15%を占めるにが糖尿病腎症です。

 

腎臓の主な働きは血液のろ過です。血液中の不必要なものを尿として排出する働きがあります。腎臓で中心的な役割を果たすのが糸球体です。

 

この糸球体が高血糖による負担で障害を起こしてしまいます。腎臓が上手に毒素を排出できなくなってしまうんです。

 

その結果、血液透析が必要な体になってしまいます。現在の透析となる原因疾患の約43%が糖尿病腎症なのです。

 

症状や改善法についてはこちら
→現在作成中←

 

長々とお話してきましたが、糖尿病による障害はこれだけではありません。細い血管だけでなく、太い血管にも不都合が生じます。

 

『おいおい、まだあるのかよ……』

 

そうなんです。すでに糖尿病はありふれた病気ですが、掘り下げると非常に恐ろしい病気なのです。

 

 

大血管障害

赤血球2

細小血管障害は血糖値のコントロールによるところが大きい合併症です。対して大血管障害は糖尿病の原因である高脂血症やコレステロールによるものです。平たく言えば、高血圧や動脈硬化ですね。

 

糖尿病での死亡原因はガンについで動脈硬化性疾患によるものが2位です。動脈硬化性疾患とは脳卒中や心筋梗塞など高血圧や動脈硬化が原因で発症する疾患です。

 

動脈硬化についてはこちらで詳しく解説しています。
糖尿病と脳梗塞の関係とは?発症率や寿命についても5分で解説します

 

実は糖尿病の合併症が現れる順番と期間はある程度わかっています。次はそのお話しです。

 

 

症状が現れる順番とその期間

e3b1b8f455333bfff2ea53518c4ad96f_s

前述した糖尿病の3大合併症は順を追って発症する場合が多いです。必ずしも順番通りというわけでもありませんが、一つの目安として捉えておいて下さい。

 

糖尿病発症

0〜5年   糖尿病神経障害

7〜8年   糖尿病網膜症

10〜13年 糖尿病腎症

 

どれもしっかりと血糖値のコントロールを行うことで発症を防ぐことができるものです。

 

といっても生活習慣病といわれる糖尿病です。今までの習慣を変えることはなかなか難しいことだと思います。しかしだからと言って放置してしまうと確実に合併症を発症してしまいます。

 

まずはなんでも結構です。一つ、何か一つでいいので始めましょう!

 

何かを始めた時は意志の力さえ維持できれば誰でもできます。たくさん失敗しましょう。

 

もしやり方が合わなければ違う方法を試せばいいんです。

 

 

まずはトライしてみるのも案外楽しいかもしれません。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です