日本頭痛学会では日本人の4人に1人は頭痛持ちと発表しています。

 

4人に1人ってすごい数です。
日本人の人口が1億3000万とすると約4000万人超え。

 

そんな国民病とも言える頭痛ですが、最近になり塩分との関係が明らかになってきました。

 

頭痛の原因は塩?

 

『寝起きに頭が痛い』
『雨や曇りの日に頭痛がする』
『立ち眩みがしてぐるぐる回る感じがする』

 

こんな経験はありません?
私は昔から肩こりがひどくひどい頭痛持ちでした。

 

今では筋トレのおかげで頭痛や腰痛とはずいぶんご無沙汰してますが、運動が習慣になる前はとても悩んでました。

 

もしあなたが頭痛持ちだとしたらどんな対策してます?

 

私は湿布貼ったり、整骨院行ったり、マッサージ行ったりしてました。あと我慢できないときは市販薬の『イブ』を飲むことも。ロキソニンがあんまり効かないタイプだったようで私はイブを飲んでました。

 

そんな中、塩分摂取量の多い私達日本人にとって興味深い研究結果が出ました。
米国のジョンズ・ホプキンス大学の研究です

 

塩分の摂取量を減らすと頭痛が軽減するというもの。

 

①390人の被験者を2つのグループに分ける

②Aグループ→野菜や果物が多めの食事 Bグループ→典型的な欧米人の食事

③最初の30日は塩分摂取量を9g

④次に塩分摂取量を6gに減らした

⑤最終期間は3gまで減塩して、これまでの経過を記録した

 

以上の結果、減塩を行うことで頭痛の発生頻度が約30%も減少していたことがわかりました。

 

なんで減塩で頭痛が減少するかはわかってない?

 

現時点において減塩と頭痛の因果関係ははっきりとわかっていません。この研究を行っているジョンズ・ホプキンス大学のLawrence Appel教授は

 

『食事によるトリウムの摂取量を減らすことが頭痛予防の新たなアプローチになる』

 

確かに塩を制限してあの痛みから解放されるなら全然我慢します!

 

ってことで今現在我々はどの程度塩を摂ってるんでしょう?

 

日本人の塩分摂取量は平均でどのくらい?

 

日本人の平均食塩摂取量は男性で約11.1g 女性で約9.1g とされています。今回の実験開始時の9gを上まっている値です。

 

仮に塩分が頭痛のリスク因子の1つだとしたら、日本人の頭痛患者の多さも納得できます。

 

昔から塩分は高血圧との関係で様々な議論がなされてきました。
以前の記事では日本人と高血圧と食塩の関係についてお話しました。

 

 

このように日本人の50%が食塩摂取と高血圧には関係がないとも言われています。しかし、頭痛持ちにとっては減塩であのしんどさから解放されるのであれば即実行しますよね。

 

で、実際の生活レベルでは何したらいいのって話

 

1日6gの塩分量はだいたいこれぐらい

 

グラム数で何グラムといわれてもイマイチピンと来ません。
当たり前です。

 

以下に目安を上げておきます。
だいたいの目安として参考にして下さい。

 

1日の塩分量の目安
  • 梅干し3つ分
  • 料理のとき醤油大さじ約3杯
  • かけそば1人前(汁含む)

 

かけそば1人前って。

 

うん。
予想以上に塩分制限難しそう……

 

私はこちらで言ってる方法で頭痛は治りました。
といっても高血圧や脂質異常の改善をしたら頭痛なくなったんです。

 

 

ある意味嬉しい副産物でした。
頭痛の原因は様々ですが、結構筋肉の緊張による頭痛の方も少なくないと思います。

 

一度参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です